外構工事の業者選びのポイント

2018-11-08T01:12:45+00:002018/10/28|ブログ|

注文住宅を建てたり従来の外構をリフォームしたり「外構工事」を依頼する方は少なくありません。外構は「家の顔」といわれるように、適当に作ってしまうと後で後悔するだけでなく家自体が安っぽくなってしまいます。 […]

地域特化した外構工事業者がおすすめの理由

2018-11-08T01:21:27+00:002018/10/13|ブログ|

「外構工事はいったいどの業者に依頼したらいいのか?」と迷われる方はとても多いです。手広くおこなっているような大手がいいのか、あるいはよく宣伝しているような有名業者が安心なのか、実際に工事してもらう前に判断するのは困難です。そのようなときには、できれば地域に特化した業者に外構工事を依頼しましょう。 […]

外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

2018-09-22T20:37:17+00:002018/08/10|ブログ|

フェンスの目的をまず考える フェンス(エクステリア)の選び方のおすすめのポイントは、目的をしっかりともって選ぶことが大切です。例えば人通りが多い通りに面していて、プライバシーを守るためにフェンス(エクステリア)が必要ならある程度の高さが必要ですし、目隠し機能があるデザインのものを選ぶのがポイントになります。敷地の境界線をはっきりさせるのが目的なら、メッシュタイプのように開放感があるデザインのものがおススメです。 防犯目的なら乗り越えるのが難しいちょっと高さがあって、先端が剣のようにとがっているものを選ぶというように、目的に合ったものを選んでいくことが大切です。デザインや素材などいろいろと種類があるので、目的に合うフェンス(エクステリア)を選んでいきましょう。 フェンスの素材と組み合わせ 家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。 その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。 それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

外構工事の実情について

2018-07-28T14:20:14+00:002018/07/28|ブログ|

外構工事を住宅メーカーに依頼した場合 外構工事が必要になり住宅メーカーに工事を依頼した場合、住宅メーカーは元請業者になります。 しかし実際に工事をするのは下請業者ということは頭に入れておいてください。工事中に顧客の要望で追加工事が発生した場合、顧客の中には中間のマージンを考えて下請業者に直接工事を依頼する人もいます。顧客に依頼されて下請業者が工事を請け負うかというと、その確率はゼロに近いです。 住宅業界には暗黙のルールがあり、元請業者の顧客を取らないこともルールのひとつだからです。暗黙のルールを破ってしまうと、常識のない下請業者だというレッテルが付き、元請業者から仕事をもらえなくなります。 住宅業界は保守的で狭い業界です。特に地方に行くとその傾向が強くなります。地域密着型の工事を行っている場合は、元請業者と友好関係を築いておくことが重要です。 外構工事会社が生まれた背景 日本の外構工事は昔から独立して成り立っていたわけではありません。30年ほど前までは外構工事会社というものは存在しませんでした。 造園業や左官屋がその仕事を家を建てることの一部としてやっていました。その後住宅を建てることとは別に外構を設計する考えが生まれました。とはいえハウスメーカーの外構は総て下請体質になっており、住宅の検査後に工事が始まるので公的機関の検査は殆どないというのが実情です。そのようなシステムになっているので、建築基準法に従わなくても咎められることはないというのが実情です。施工職人で国家基準資格を有している人はほんの僅かな人しかいません。そのためもし外構を頼もうと思ったら資格を持った人がいる会社を選ぶことが安心だと言えます。

外構工事の施工業者選び

2018-07-10T14:09:14+00:002018/07/10|ブログ|

外構工事の施工業者の選び方ですが、トレードオフの関係を意識しましょう。 現実問題としてコストパフォーマンスの良さとクオリティの良さは反比例します。安値で高品質な外構工事は難しく、その反対も然りです。そのため工事依頼を出す前に自問自答し、節約重視で施工業者を選ぶのか、費用には糸目をつけずクオリティ最優先でエクステリア工事を頼むか、結論を出しておきたいところです。 それぞれ同じ外構工事の専門業者でも得意分野が違っており、大手の有名施工業者はクオリティの追求を得意としています。反対に中小企業や個人事業主の方は費用対効果に優れた施工を得意としており、大手メーカーよりも細かい要望に応じてくれやすいのが特徴です。 依頼する工事によって業者を決める 庭や門の工事を行いたい場合、外構の施工業者にお願いする必要があります。造園業者やエクステリア施工業者、ハウスメーカー等に依頼することができますが、業者によって得意分野が違います。雑誌をチェックし、いいなと感じた業者に依頼すると、イメージ通りの工事をお願いすることができるのではないでしょうか。エクステリア工事の会社や造園会社が行うイベント等に参加してみることもお勧めです。 また、実際に依頼する前に、どのような企業なのか調べておくことも大切です。資格取得者が在籍している企業だと、安心してお願いすることができます。保険に加入しているか、アフターケアの体制が整っているかもチェックしておくことが大切です。

フェンス(エクステリア)のおすすめと選び方

2018-06-29T13:07:40+00:002018/06/29|ブログ|

フェンス(エクステリア)のおすすめは機能性とデザイン性が優れているものがおすすめです。フェンス(エクステリア)は見た目が重要視される場合は多く、デザイン性や機能性に優れたフェンス(エクステリア)でれば、自宅をより良いものに見せることが出来ます。 おすすめのフェンスの選び方 フェンス(エクステリア)の選び方としておすすめなのは、簡単に壊れることがない素材を利用しているものになります。強度の低いフェンス(エクステリア)を選んでしまうと地震や台風などの自然災害が起きた際に直ぐに壊れてしまうので、おすすめすることが出来ません。強度の高いものなら自然災害にも強く、壊れる心配も少なくなりますので、自宅を守るためにもおすすめの商品と言えます。 フェンスの役割 フェンス(エクステリア)には敷地の境目をはっきりとさせつつ住宅の雰囲気と防犯性を高めるといった役割がありますが、様々な種類が存在しているため正しい選び方をしなければ理想的な結果には結び付けられません。自宅前の道路の通行量が多く、敷地内や室内が道路から見えてしまわないようにしたいといった時は、目隠しになる作用があるフェンス(エクステリア)を選ぶのがおすすめです。一方、あまり人通りが多くなく侵入者を予防したいのなら通常のフェンス(エクステリア)よりも高く作られていて、先端が尖っているタイプにすればよじ登って侵入してくる事を防げます。 また、洗面所や浴室の付近は目隠しになるタイプを選び、リビングなどから見える所は比較的見通しが良いフェンス(エクステリア)を選ぶという選び方もおすすめです。

お電話はこちらから
メールはこちらから