計画

/Tag: 計画

外構工事をする際に気をつけるポイント

2019-08-17T15:33:41+09:002019/08/17|ブログ|

気をつけるポイント その1 外構工事をする際に気をつけるポイントとしてもっとも重要なことは、使い勝手を具体的にシミュレーションして考えるということです。住宅の中で生活をする動線を考えるのと同じように、敷地の入口に入ってから玄関までの動線がどうなるか、駐車スペースや駐輪スペースからはどうなっているのか、水栓から水を撒く場所へは適しているのかなど、様々なシミュレーションを行う必要があります。具体的なシミュレーションを行うことによって、使い勝手についての失敗を防ぐことにつながります。 また無駄に広い場所やデッドスペースを作らないことも大切です。本来確保するべきスペースを犠牲にしてまで広いスペースを取ってしまっては、住んだ後にストレスになることが考えられます。計画の段階で、スペース確保の優先順位をよく考えましょう 気をつけるポイント その2 次に気を付けるポイントは、事前にしっかり計画を練ってから外構工事を実行することです。特に計画の中でも費用面についてはあらかじめ決めておく必要があります。相場が分からないため素人は中々費用がどれぐらい掛かるのかを知らない人がほとんどです。あれもこれもと工事個所をたくさんにしてしまうと、あっという間に費用がとんでもない額になっていたという人も少なくありません。後は逆に費用を抑えすぎたせいで後々になって必要な工事をしてなかったと言う人も居ます。 例えば駐車場の照明などです。駐車場は作ったのですが、費用の関係で証明は作らなかったとします。後になって不便なのでやっぱり照明を付けてもらうことにしました。結局追加費用+工事代金が掛かるので一気に工事をするよりか高く付いてしまいます。費用を抑えるのも良いですが絶対に必要なものは付けるようにしましょう。

外構工事の計画段階のポイント

2019-06-29T15:51:34+09:002019/07/01|ブログ|

完成イメージが大切にする 外構工事では計画段階に間違ってはいけないポイントがあるのです。配置において、建物を置いた場合の外側のイメージを持つことが、特に大切となります。実際の土地はレベル差があるので、アプローチの取り方には注意が必要です。外構は平面的なイメージではなく、立体で考えなければなりません。高齢化社会を迎え、車椅子の利用を考えたアプローチが必要となってきます。アプローチの取り方は、建物の平面計画にも影響を与えるのです。庭の取り方が単調にならないように配慮が必要で、コーナーをうまく使うことがポイントとなります。外構は建物と同じくらい大事な要素なので、イメージを働かせて計画することが大事なのです。良い外構は自然を取り入れた、無理の無い配置となります。 外構工事の目的を明確に 外構工事を施工する上で次に大切なのは、外構工事を行う目的をはっきりとさせておく事です。当初はプライバシーを保護する目的で工事を依頼する事に決めたのにも関わらず、比較的高さが低めの塀を選定すると工事を行う前と変わらない様子で外部から敷地内が見えてしまうので、プライバシーを保護する目的で外構工事を行うのならしっかりと通行する方々から視線を受けない高さの塀を選ぶ事がポイントです。 また外構工事を行った後に配置された設備などを利用して生活を送っている様子を具体的にイメージする事も重要で、敷地内で自動車を洗車したり芝生に水やりをしたいと考えていたものの、水道の蛇口を配置した場所が使用する場所よりも遠い場合と長いホースを用意する必要が生じたり、水の勢いが弱くなるためイメージを具現化させて外構工事を行いましょう。

外構工事の計画を立てる

2019-06-03T14:53:19+09:002019/06/03|ブログ|

詳細な計画をたてることが重要 外構は家の一部であり、全体の雰囲気を左右する重要な場所だといえます。そのため外構工事をすると決めたときは、詳細な計画をたてることが重要です。全体の雰囲気を考えて計画をたてなければ、部分的に工事をしても周囲との調和が合わなくなってしまいます。また外構工事にかける費用に関して、予算を事前に決めると、こだわりたい部分とそうでない部分を緩急をつけられます。外構工事には庭や駐車スペースを作ることが主な作業になりますが、全体的な工事をするときは住みながら行うため、出入りをする玄関周りから行ったりすることも必要です。施工業者と話し合いを重ねることが重要で、予算や工期についても詳細な計画をたててから行うと安心を得られます。 ただし、それ以外の時期が外構エクステリアリフォームをしてはいけないのかというとそうではないので、都合によって時期を決めるのも一つの手になります。 外構工事は日常生活に影響が無いように 自宅でご家族が暮らしている状態で外構工事を行う際には、可能な限り日常の生活に支障を来さないようにしっかりとした計画を立てることが大切です。 また、外構工事は建物の周囲を整えてデザインの美しさを作り出すだけではなく、防犯の目的で行う場合もあり施工途中で囲うものが何も無い状態はできるだけ短時間にしたいところです。施工するタイミングでは、例えば通勤や通学の時間と出入り口周辺の工事の時間が重なってしまえばスムーズな出入りができなくなってしまう懸念があり、ご家族がお出かけになった後で出入り口の作業を集中させたり、コンクリートや塗装など乾燥まで時間がかかってしまう場合には仮設の足場を作って通路を運用しなければならない期間をできるだけ短くするのも大切です。

外構工事の施工業者選び

2019-06-03T15:15:54+09:002019/05/27|ブログ|

最低2~3社に見積もりを 外構工事を行うときは、専門的な知識と技術を所有している施工業者に依頼することが重要です。施工業者の選び方としては、まずは見積もりを請求して比較することから始めるのが一般的です。最低でも2~3社から請求することで、同じ作業内容でも違った費用の見積もりが出されますし、工事にかかる日程や段取りも知ることができます。同じ工事内容であっても費用が異なる理由は施工業者が自由に設定することができるからですが、見積もりを比較することで信頼できる業者かどうかを確認することが可能です。また見積もりを請求した後に、丁寧な説明が受けられるかも判断する基準になるので、気になることや不安なことは直接質問をすることをおすすめします。 施工業者の実績をチェック 外構工事の施工業者を選ぶときは、実績をよく確認しておきましょう。どのような工事を得意としているのか、年間にどのくらいの施工件数があるのか、などを調べておきます。当然ながら施工件数が多いほど実績が豊富で、技術も優れていると考えてよいでしょう。外構工事は高額な施工になりますので、納得できる業者に依頼したいものです。 費用対効果を調べておく必要もあり、コスパはよく比較してください。料金は安ければいいものではなく、安さに対して品質がよいことが条件です。多少料金が高くなっても、それ以上の品質と耐久性を実現できるなら高くはありません。あとは施工業者のスタッフの対応をチェックすることが重要です。初期の対応力を見れば、どのような会社なのか大まかにわかります。

外構工事の計画を立てる

2019-04-25T16:27:16+09:002019/04/05|ブログ|

外構工事は計画が大切 外構工事は、事前に入念な計画を立てなければいけません。入念な計画を立ててから工事を始めないと、理想通りの外構に仕上げることができません。計画を立てる際に重要なのは、外構工事を依頼する会社です。依頼する会社によって得手不得手がありますから、ホームページで施工事例などを見ながら理想に強みがある会社を選ぶんで下さい。 外構工事を依頼する会社が決まったら、資金計画を立てつつデザインを決めていきましょう。無理なく返済できる予算を組み立てながら、設計の担当者と綿密な打ち合わせをしていきます。担当者と意思の疎通がとれないと理想を実現できなくなるので、コミュニケーションがとれる会社を選ぶのも外構工事の計画では重要です。 計画と合わせて考えたい工事予算 外構工事の計画を立てる上で、まず一番最初にやらなければならないことは、予算を検討することです。好みのデザインや土地の状況、大きさなどにより予算も大きく変わりますが、平均すると約150万円前後が相場となっています。予算はできるだけ高めに組んでおくことが望ましいと言えます。だいたいの予算を立てることができたら、次に要望をまとめていきます。情報収集などには1カ月ほどかけましょう。要望をまとめながら同時進行で業者を探します。この期間も2カ月ほどは必要となります。プランや見積もりなどを確認、比較したら業者との契約に移ります。いよいよ工事が開始となり、約2週間から4週間ほどで完成するケースが多いでしょう。

外構工事の計画を立てる

2019-04-01T19:37:39+09:002019/03/22|ブログ|

外構工事を行う際には、計画を立ててから行うことが大切です。計画を立てずに外構工事をすると失敗することもありますので、注意が必要です。自分の家に合った外構工事を行うためには、業者と話し合いをして予想図を作ることが大切です。 […]

外構、エクステリアリフォームをする際にどんな方法があるのかと注意点について

2018-12-09T17:51:47+09:002018/11/15|ブログ|

外構、エクステリアリフォームの方法としては、近年流行しているDIYで行う方法もありますが、多くの場合は業者に依頼することがほとんどです。注意点については、仕上がりの後に様々なトラブルや失敗例などが報告されているため、本当に信頼のおける業者であるかどうかを見極めたうえで依頼することが大切です。トラブル例としては雨で滑りやすいアプローチになってしまったり段差が思ったよりもきつくなった、予算をオーバーしてしまった、予算がなく理想と離れた施工となったなどのケースが挙げられます。そのため予算や目的、生活スタイルについて事前にしっかりと確認しておく必要があります。またこれらの失敗が起こらないように、業者選びは慎重に行いましょう。 外構、エクステリアリフォームとは家の敷地に庭を作って植栽したり、駐車スペースを広げるといったように、手を加えて整えることをいいます。工務店や造園業者等、専門家に依頼する場合がほとんどです。依頼する際の注意点として、実際に作業を行う職人さんにと完成イメージをしっかりと共有しておくことが重要です。こんな風にしたいという言葉だけではイメージがずれてしまう可能性がありますので、写真や絵など具体的なものがある方が確実です。使用する材料や樹木についても、カタログ等の紙ベースだけではなく可能であれば実際に見て自分が希望しているイメージとずれていないか確かめておくのがいいでしょう。安くはない費用をかけて行うリフォームなので失敗しないように事前に準備をしましょう。

外構工事の計画をしっかりと立てる

2018-12-09T17:56:01+09:002018/11/02|ブログ|

外構工事を実施するときは計画をしっかりと立てておくことが大切です。まず最初に予算を決めるようにします。お金に余裕がある場合は一度に行っても良いですが、予算に余裕がない場合は何度かに分けて外構工事をすると良いです。 次にどのようなデザインにするかということを考えます。じっくりと時間をかけて情報収集することで、後にトラブルが発生することを防ぐことが可能です。希望するデザインを決定したらどの業者に依頼するかを決めます。少ない業者に絞ってしまうと失敗する確率が上がるので、できるだけたくさんの業者に見積もりを頼んでおくと安心です。それぞれの業者から見積もりをもらったらきちんと比較して検討します。予算やプランなどを総合的にみて自分に最適なものを選ぶようにしましょう。 エクステリア設計は物件ができる前がオススメ 外構工事は物件の周囲に対して施す工事なので、メインとなる物件が完成した後に着手する方が多いですが、物件が完成してから施工を開始するのは相応しくありません。外構工事は単に物件の周囲に塀を設置したり、芝生やアスファルトを敷くというような表面上の工事ではなく、土を掘り起こして地中に対してもアプローチする工事であるためです。そのため、物件が完成してから外構工事を行うと地中に埋められている配管などが影響し、計画していた理想的な外構に仕上げられない可能性が高まります。 また、庭仕事をした後に屋外に設置されている蛇口で手が洗えたり、洗車をするというのはマイホームならではの魅力ですが、外構工事の計画を後回しにすると配管の関係上、蛇口の設置場所の自由度が低くなってしまいます。

外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+09:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構工事の実情について

2018-07-28T14:20:14+09:002018/07/28|ブログ|

外構工事を住宅メーカーに依頼した場合 外構工事が必要になり住宅メーカーに工事を依頼した場合、住宅メーカーは元請業者になります。 しかし実際に工事をするのは下請業者ということは頭に入れておいてください。工事中に顧客の要望で追加工事が発生した場合、顧客の中には中間のマージンを考えて下請業者に直接工事を依頼する人もいます。顧客に依頼されて下請業者が工事を請け負うかというと、その確率はゼロに近いです。 住宅業界には暗黙のルールがあり、元請業者の顧客を取らないこともルールのひとつだからです。暗黙のルールを破ってしまうと、常識のない下請業者だというレッテルが付き、元請業者から仕事をもらえなくなります。 住宅業界は保守的で狭い業界です。特に地方に行くとその傾向が強くなります。地域密着型の工事を行っている場合は、元請業者と友好関係を築いておくことが重要です。 外構工事会社が生まれた背景 日本の外構工事は昔から独立して成り立っていたわけではありません。30年ほど前までは外構工事会社というものは存在しませんでした。 造園業や左官屋がその仕事を家を建てることの一部としてやっていました。その後住宅を建てることとは別に外構を設計する考えが生まれました。とはいえハウスメーカーの外構は総て下請体質になっており、住宅の検査後に工事が始まるので公的機関の検査は殆どないというのが実情です。そのようなシステムになっているので、建築基準法に従わなくても咎められることはないというのが実情です。施工職人で国家基準資格を有している人はほんの僅かな人しかいません。そのためもし外構を頼もうと思ったら資格を持った人がいる会社を選ぶことが安心だと言えます。