外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構工事の計画を立てる Part2

2018-04-16T21:29:34+00:002018/04/16|ブログ|

外構の工事は物件が完成した後に工事が開始される事例が多いですが、物件が完成した後に外構工事をするのは時期としては最良ではありません。 物件に比べると行う作業が少ない上に面積も小さいのでつい後回しにしてしまいがちですが、後回しにすると取って付けたような外構に仕上がってしまいます。 そこで、最も良いタイミングとして挙げられるのが物件の計画を立てる時に、外構ありきでデザインを設計するという事です。 つまり、お庭の部分も部屋の一つであると考えてデザインしていくという事なのですが、そうした計画を立てるとお部屋から屋外を眺めた時の風景が優れたものに感じられるようになり、まるで窓が額縁のような役目を果たしてくれます。 一言で外構と言っても様々なデザインがありますし、デザインに応じて施工を得意としている業者にも違いがあります。 庭に存在している植物を活かした外構をデザインしていきたいのなら、造園や園芸に強みを持っている施工業者を選定すると満足度が高い外構に仕上がりますし、カーポートやブロック塀といった物をメインにして外構を完成させたいのなら、土木を得意としている施工業者に依頼すべきです。 また、依頼する施工業者は大手であるという理由だけで選ばないようにする事も重要であり、その理由は依頼したのは大手であるものの実際に現場に訪れて外構を手がけるのは、下請けの施工業者である事例が多いためです。 そのため、大手であるのにクォリティが低かったり小規模であるのに懇切丁寧でハイクォリティーな事例もあるので、施工業者の規模は判断材料にしないようにしましょう。

外構工事の計画を立てる Part1

2018-04-02T21:26:49+00:002018/04/02|ブログ|

外構工事を行う際には計画を立てて行う必要があります。外構工事は日数がかかる事も多いので、計画を立てずに依頼をすると工事中に苦労をすることもあります。他にも新築一戸建てを建てた際に外構工事を行わないと建物自体の劣化にも繋がりますし、外観も悪く見えてしまいますので注意が必要です。新築一戸建てを建てる場合には並行して外構工事を計画的に行うと外観も良くなりますし、劣化することもありません。 外構工事は一朝一夕で終わる工事ではなく、ある程度の日数が必要になりますので、建物が出来上がってから依頼をするのではなく並行して行うように計画をするのが一番です。同じ建築業者に依頼をすると値引きをしてくれる可能性も考えられます。 外構工事の施工業者選び方ですが、まずは実績のある施工業者を選ぶことが大切です。実績のある所なら安心して外構工事を任せることが可能です。次に外構工事を行う際の施工業者の選び方は、きちんと打ち合わせをして頂ける業者になります。外構工事は一度行うと元に戻すことが出来ませんし、想像と違う物が出来てしまった場合には修正をすることが難しくなります。きちんと打ち合わせを行い、自分の納得する物を作ってくれる施工業者を選ぶことが大切です。 最後に打ち合わせをする時には口頭でのやり取りのみの施工業者よりは、イメージがしやすい様にイラストにしてくれる所を選ぶとより確実です。口頭だけでは上手く外構工事のイメージを伝えることが出来ないので注意しましょう。

お電話はこちらから
メールはこちらから