外構工事のアフターサービスはどこまで無償か?

2018-11-08T01:17:16+00:002018/10/23|ブログ|

外構工事を行った際のアフターサービスというものは、どこまでが無償の範囲として適用されるのでしょうか。工事を行った業者にもよりますが、一般的には施工後数年以内のコンクリート部分の大きなひび割れや亀裂などは、対象となることが多いです。金属部分の錆や劣化、変形なども、非常に危険を伴いますので、無償での交換作業を行っているところがほとんどでしょう。ウッドデッキなどであれば、木材の変形や反り、ひび割れなどが著しい場合には無償での交換の対象となります。また植栽に関しては、他に原因がないのに全てが枯れてしまったケースなどは交換という形でのアフターケアが可能です。契約前に無償範囲の説明がありますので、事前にきっちりと契約書を確認しておくことが重要になります。 業者によっては10年保証してくれるところも 外構工事のアフターサービスはもちろん業者によって様々ではありますが、一般的にはかなりの長期の期間無償で保障してくれる場合が多く、10年の保証が付いてくるところも多くあります。ブロックやレンガ、モルタルなどの極度のひび割れや割れ等によって倒壊の恐れがあるものや、そのままではそれ自体がそのものの機能をもてないような劣化を起こしてしまった場合は無償で保障してくれます。しかし反対にそれぞれの業者にはやはり傷や凹み等の大きさの基準があり、それを超えない場合や著しく超えすぎる場合、そもそもが軽度のひび割れ等で通常の使用にはなんの問題はないとその業者が判断した場合は、アフターサービスの適応外になる場合がほとんどです。

外構工事の価格は地域によって違うのか?

2018-11-08T01:08:58+00:002018/10/08|ブログ|

ファーストフードチェーン店などでも、地域によって商品に価格の差をつけている所があります。外構工事に関しては、工事の費用に地域差というのはないのでしょうか。一般に工事にかかる費用というのは、大きく分けて資材費と人件費の二つになります。このうち資材については、その工事を行う会社の本社がどこにあるかということが大きく影響しているでしょう。施工する場所からあまり離れているようであれば、運搬に費用がかかってしまいますし、逆に近場であれば問題はありません。この点を考えると、工事を希望しているお家からあまりに離れた業者に依頼するのは、費用が高くなってしまうと考えられます。 人件費については、多少の地域差があることは否めません。最低賃金が地域によって異なりますので、専門技能を持つ職人さんはもちろん、現場作業のアルバイトの方の人件費も差がつきますから、都市部であれば高くなってしまうということが言えます。 その地域の相場価格を調べることが重要 家の見栄えは外構工事の出来不出来によっても違ってきます。玄関までの動線や庭木の配置も大切ですし、門扉やフェンスなどを選ぶのも専門業者のアドバイスは大きなメリットが存在します。外構工事を依頼する地域の自然環境は、外構に大きな影響を与えることはいうまでもありません。例えば、海の近くでは塩害に強い素材を選ぶ必要も出てきます。外構工事は地域によっては特殊な施工も必要としますので、掛かる費用も自ずと違ってきます。選ぶ素材が違えば価格も施工費用も変わってきますので、外構工事を依頼するときは地域の相場を調べることも重要です。専門業者のホームページには外構工事に必要な施工方法や費用内容なども具体例を提示し詳細に明記されています。さらに、見積もりを請求することも可能です。

外構工事の相場価格について:アプローチ編

2018-10-08T14:37:02+00:002018/09/08|ブログ|

一戸建ての場合、家だけでなく庭など家の周りの雰囲気も重要になってきます。外構から家の玄関までの部分をアプローチと呼びますが、そこに木を植えて華やかにしたり駐車場を設置するなど、家によって様々な用途で作ることができます。 […]

注文住宅の外構・造園工事の費用相場

2018-08-17T14:51:48+00:002018/08/17|ブログ|

注文住宅の工事費用は高くなりがち 注文住宅を建築する場合は、建売住宅などよりも工事費用が高くなってしまうことが少なくありません。 建物価格には外構・造園工事などは含まれていないため、個別に依頼することになります。注文住宅を建てる場合の外構・造園工事の平均的な相場は、建物本体の工事価格の約10%程です。建物価格が約2,500万円程の場合は、その10%なる250万円前後が外構・造園工事の平均的な相場になります。 外構・造園工事にはフェンスや門や駐車場などが対象となるため、自分で考えている以上に多くの資金が必要になるのが大きな特徴です。屋根付きのカーポートなどを考えている場合は、この価格に加えて費用がかかることもあるので注意しましょう。注文住宅を建築する場合は、初めから外構・造園工事の費用を見込んで資金計画を立てていくことが大切です。 エクステリアは初めに考える 家は多くの人にとって人生最大の買い物で、経験する機会は一度かぎりの人が少なくありません。注文住宅と分譲、一戸建てとマンションは生活スタイルに直結するので初めに決めておきたいことですが、立地条件からデザイン、設備に至るまで自分のこだわりを実現できる注文住宅は文字通り自分の”城”といっても過言ではありません。 一度きりの機会かもしれないと思うと希望をすべて実現したいと思うのは誰も同じですが、限られた予算内では取捨選択も不可欠です。外構・造園工事は日常生活の利便性と直結しないためにおろそかになりがちですが、せっかくの自分の”城”、顔ともいうべき外面も飾りたいものです。エクステリアには建築費用の1割程度が相場と言われていますが、あとは、初めに備えておくものと後から追加できるものを区別して計画すると効果的です。

お電話はこちらから
メールはこちらから