外構

ホーム/Tag: 外構

外構工事の計画段階のポイント

2020-04-16T15:30:12+09:002020/04/15|ブログ|

外構工事を計画する段階では、配置やデザインのイメージを具体化していくことが重要です。イメージを具体化していく際の基準としては、まずはデザイン性を考慮することが大事です。デザイン性は住宅の外観と調和していることが求められるでしょう。次に利便性があるかも重要なことです。使い勝手が悪いと、住むのが嫌になってしまうかもしれません。 それから、外構には防犯性というものも求められます。例えば、塀やフェンスなどのつくりをどのようにするかで防犯性能は大きく変わってきますから、その土地の治安などをよく勘案して外構工事を行う必要があります。 以上のデザイン性・利便性・防犯性を考慮し、さらにどれくらいの予算が取れるのかも計算しながら工事の計画を進めていくといいでしょう。

外構工事の施工業者選び

2020-04-16T15:23:52+09:002020/04/10|ブログ|

外構工事を行う事に決めた際、より良い施工業者を選ぶためには施工を行う現場を実際に見に来てもらえる施工業者を選ぶ事が大切です。 そのように、実際に現場を見に来てもらえる事により設計図や資料だけではわからなかった実情がわかるようになるので、面する道路や隣り合う建物などを思慮して尚一層最適な計画が立てられます。 また、施工業者を選ぶ時には依頼した内容でしっかりと作業を進めてくれる事が重要ではあるものの、これまでに多くの施工を行ってきた専門家ならではの立場から適材適所でアドバイスをしてくれる事もポイントです。 施工業者という専門家の視点からアドバイスをしてもらえれば、理想を現実化しつつより快適かつ素敵な外構が作り上げられます。

外構工事の計画を立てる

2020-04-16T15:15:35+09:002020/04/05|ブログ|

外構工事を行う時には予算から計画を立てていく事が大切なので、予算内で外構工事によって新たに得たい設備や修復したい箇所を決めていきましょう。 予算や希望を決めた後は外構工事を手がけている業者選びへと移りますが、業者選びをする時には一社に限らず複数の業者を候補に入れて比べる事がポイントです。 複数の業者と具体的なやり取りをしたり、見積もりを出してもらった上で依頼する業者を選定して後は、実際に外構工事が行われます。 工事を行っている期間中は、普段自家用車を駐車しているスペースに駐車できないなど普段の生活とは異なる過ごし方をする必要が生じるため、工事期間中の過ごし方についても計画に盛り込んでおくと安心です。

外構、エクステリアリフォームを依頼する際の3つのポイント

2020-04-06T18:17:56+09:002020/02/15|ブログ|

さらに失敗しない為に 外構、エクステリアリフォームを依頼する際に注意しないといけないポイントは、どこの工務店に依頼するかということで、こちらが思う通りのリフォームをしてもらうためにも綿密に打ち合わせをすることが大切なポイントになってきます。リフォームを行う時期というのもポイントで、できる限り夏や冬を避けることが外構、エクステリアリフォームでは多い傾向にあります。 また、造園などといった植栽工事がある場合では、植える樹木によって移植する時期が決まってくるので、その樹木に合わせて工事を行うことも大事なポイントとなります。外構、エクステリアリフォームを依頼する際は複数の工務店から見積もりを取り寄せて、その中から慎重に選んでいくことが重要になります。

外構工事の計画を立てる

2019-12-08T22:50:47+09:002019/12/12|ブログ|

外構工事の注文をする前に、よく計画を立てる必要があります。実際に仕上がりを見てみたら、イメージとまったく違ったという話は少なくありません。事前にシミュレーションをしっかりと行っておき、仕上がりとのギャップを少なくしておく必要があります。予算は多めに確保しておくのが得策ですから、最初から予算ギリギリの工事計画を立てるのは得策ではありません。 途中で追加工事が必要になったとき、予算ギリギリで組み立ててしまうと問題があります。外構工事を検討している人は、生活の利便性や外観などにこだわりを持っている人が多いでしょう。確かにこれらは重要なポイントですが、最も重視するべきポイントは耐用年数になります。家を長持ちさせることを第一に考えて外構工事の計画を立ててください。

外構工事のセミオープンスタイルとは

2019-12-08T22:49:18+09:002019/12/10|ブログ|

外構工事のセミオープンスタイルとは、クローズデザインとオープンデザインのいいとこ取りです。 家屋を塀で囲う一般的なクローズデザインは、目隠しがあるのでプライバシーを守ることができます。 しかし閉鎖的なためお庭が狭く見えてしまうのは、デメリットとなる部分です。 オープンスタイルは開放感があるので広く見えますが、プライバシーや防犯対策が必要になります。 そのため両者には正反対のメリットとデメリットがありますが、セミオープンスタイルはいいとこ取りなので隠したい部分は隠し、見せたいところは見せるデザインです。 塀の位置や高さを調整しながらデザインするスタイルなので、プライバシーを守りつつ開放感のある外構になります。

外構工事の実情について

2019-12-08T22:48:19+09:002019/12/09|ブログ|

外構工事は日本全国で行われていますが、下請体質が問題になることもあります。 大手住宅メーカーが大きな仕事を牛耳り、トップダウンの構造ができあがっています。 一般の家庭が大手住宅メーカーに工事を依頼しても、実際に工事を行うのは下請会社であることが珍しくないです。 下請会社は集客の面で住宅メーカーに劣るため、仕事を確保するために住宅メーカーの言い値で仕事を引き受けてしまうケースもあります。 高品質の工事をしてもらいたい場合は、住宅メーカーだけでなく下請け会社についても詳しく調べることが大切です。 外構工事を元請会社にしっかり管理してもらうことが重要になります。 外構工事でも技術的な指針があるので、工事図面は事前に確認しておきます。

外構工事の種類について

2019-12-08T22:46:20+09:002019/12/08|ブログ|

外構工事とは建物以外の家の外側の工事のことで門や塀、駐車スペースや庭まわりウッドデッキ、ガーデンルームなど様々な種類の外構工事があります。 外構のスタイルは大まかに分けてオープン、セミオープン、クローズの三種類です。 オープンスタイルは塀や門を低くし、ガーデニングなどでデザインした庭まわりが道から見えるスタイルで、近隣や地域住民との自然な交流が広がりやすくなります。 クローズスタイルは高い門や扉などでガードすることで、プライバシーや防犯性能を高めることができるデザイン、セミオープンはこの二種類の中間です。 どの外構スタイルが良いかは、住む人の趣味やライフスタイルによるので、外構工事の前に施工業者と綿密に打ち合わせすることが大切です。

アプローチの工事にかかる費用と相場の価格について

2019-10-01T16:07:16+09:002019/09/02|ブログ|

アプローチ工事の相場価格 外構の玄関アプローチ工事の相場は、デザインにより費用が異なります。タイルを用いて工事をすることが多いですが、1平米12000円から15000円と考えて間違いありません。使用するタイルにより異なるため、注意する必要があります。 ブロックを互い違いに組み合わるインターロッキング工事を行う場合は、1平米あたり9000円から13000円が相場となります。飛び石の施工を行う場合は、縦30センチ横60センチの敷石を利用する場合、1枚あたりの設置工事を含めた相場は3000円から4000円と考えておくと間違いありません。敷石周りに砂利を敷き詰める場合は、工事面積によって異なりますが、100000円から130000円が相場となります。

外構工事の実情について

2019-10-02T13:07:34+09:002019/07/29|ブログ|

実際の工事は下請け企業が行う? 外構業者の実情はあまり知られていませんが、大手の業者に頼んだとしても実際には下請けがやることが多いです。その為、大手に頼むとマージンが発生する分、料金は高い傾向にあります。大手に依頼したほうが信頼性が高いように感じますが、下請けに頼むケースもありますので注意が必要です。いくつかの業者に見積もりを取って、保証や値段など総合的に考えて依頼をするのが良いでしょう。特に何か不具合があった時のアフターフォローは重要となりますので、そのあたりを比較して総合的に判断をして決めるのがおすすめです。 これから工事を依頼する方へ こうしたやり方は古くから行われていますが、なるべく安くやってもらいたいと考えたときには地域の外構業者に依頼するというのも一つの方法です。下請けをやっている側に頼むことで、より安い料金でやってもらうことが出来ます。外構をこれからやる予定という方は、いくつかの業者に見積もりを依頼して比較してから依頼すると良いでしょう。