外構工事の計画を立てる

2019-04-01T19:37:39+09:002019/03/22|ブログ|

外構工事を行う際には、計画を立ててから行うことが大切です。計画を立てずに外構工事をすると失敗することもありますので、注意が必要です。自分の家に合った外構工事を行うためには、業者と話し合いをして予想図を作ることが大切です。 […]

外構工事の施工業者選び

2019-04-01T19:40:07+09:002019/03/16|ブログ|

外構工事を行っている施工業者の中には、和風のデザインを得意としている事例の他に洋風のデザインを得意としているという事例のように各施工業者により有している強みが異なるため、理想としているデザインを得意にしている施工業者を選ぶようにしましょう。 […]

外構工事の計画段階のポイント

2019-04-01T19:42:09+09:002019/03/10|ブログ|

外構工事にはいくつかの要点がありあす。まず最初に重要なのは、全体の配置計画を想像することです。よくありがちなパターンに、こだわりが強すぎてディテールからイメージをつくる方がいます。しかし、その場合全体のバランスが悪くなる可能性があるため、可能な限り全体の配置をイメージすることから始めることをおすすめします。 […]

よく耳にする外構工事とは?

2019-04-01T19:45:46+09:002019/03/02|ブログ|

はじめに「外構」とは玄関周りのタイルなどをリフォームして使いやすくしたり、カーポート設置をしたりすることを指します。和風の住宅を石畳や灯篭や御影石を置き、庭木を植えて和の雰囲気を何倍も引き立ててくれます。枕木タイプのアプローチは木材を色で表現し低価格で設置できるので安価でリフォーム工事をしたい方にお勧めです。 […]

外構工事の実情について

2019-04-01T19:58:54+09:002019/02/21|ブログ|

大切なマイホームの顔とも言える外構工事(エクステリア)は、家主の希望や想いがたくさん存在する重要なポイントでもあります。日本では家を建てる際に大手のハウスメーカーなどに依頼する人も多く、ハウスメーカーとの契約の中で施工されている外構工事に関しては下請けの業者が行っている事がほとんどなのです。 […]

外構工事の相場価格について:アプローチ編

2019-04-01T19:56:11+09:002019/02/13|ブログ|

外構工事の価格相場で、アプローチの工事にかかる料金はその広さや距離、使う材料の単価によっても異なりますが一般的には標準的なデザインの物でも100万円前後からと言われています。質素なデザインで広さもそれほど広くない場合、50万円前後で作ることが可能なケースもあります。 […]

外構工事の相場価格について:カーポート編

2019-04-01T19:52:02+09:002019/02/07|ブログ|

自家用車を雨風や太陽光などから守ることが可能となるカーポートを、外構工事で専門の会社や業者に取り付けてもらう際の平均的な価格相場としては、30万円から70万円くらいの料金がかかるとされています。ですが積雪量の多い地域は100万円を超えるなど料金が高くなるといった傾向がありますし、カーポート本体を格安の品に設定すれば工賃も合わせて15万円程度で設置が完了するというケースもありますので、依頼主の希望や地域によって総額には大きな生じるというのがカーポート取り付けの実情です。 あくまでも平均的な相場ですが、一般的な一戸建て住宅の駐車場にワゴン車がしっかりと隠れるようなカーポートを設置してもらいたいなら、少なくとも50万円から60万円は予算を用意しておいたほうがいいでしょう。 カーポート費用は台数と広さで変わる 外構工事のカーポートの相場価格は、カーポート本体の価格と設置工事費用の合計となります。カーポート本体の値段は最安値のものだと10万円から20万円で購入が可能ですが、様々な条件によって値段も大きく異なることでしょう。たとえをあげると、小さな車を保管するための小さいものであれば安くなり、反対に大きな車を止めるために大きく作らなければならないのであれば、その分費用も上がります。 またカーポートでは屋根の部分も考えなくてはなりませんが、この屋根の素材や機能性によっても料金は異なります。設置にかかる施工価格としては、相場の価格は4万円ほどが標準ですが、既存のカーポートを取り除かなければならなかったり、地面がコンクリートで穴を開ける必要がある場合などには別途費用を追加されることにもなるでしょう。

外構工事の実情について

2018-07-28T14:20:14+09:002018/07/28|ブログ|

外構工事を住宅メーカーに依頼した場合 外構工事が必要になり住宅メーカーに工事を依頼した場合、住宅メーカーは元請業者になります。 しかし実際に工事をするのは下請業者ということは頭に入れておいてください。工事中に顧客の要望で追加工事が発生した場合、顧客の中には中間のマージンを考えて下請業者に直接工事を依頼する人もいます。顧客に依頼されて下請業者が工事を請け負うかというと、その確率はゼロに近いです。 住宅業界には暗黙のルールがあり、元請業者の顧客を取らないこともルールのひとつだからです。暗黙のルールを破ってしまうと、常識のない下請業者だというレッテルが付き、元請業者から仕事をもらえなくなります。 住宅業界は保守的で狭い業界です。特に地方に行くとその傾向が強くなります。地域密着型の工事を行っている場合は、元請業者と友好関係を築いておくことが重要です。 外構工事会社が生まれた背景 日本の外構工事は昔から独立して成り立っていたわけではありません。30年ほど前までは外構工事会社というものは存在しませんでした。 造園業や左官屋がその仕事を家を建てることの一部としてやっていました。その後住宅を建てることとは別に外構を設計する考えが生まれました。とはいえハウスメーカーの外構は総て下請体質になっており、住宅の検査後に工事が始まるので公的機関の検査は殆どないというのが実情です。そのようなシステムになっているので、建築基準法に従わなくても咎められることはないというのが実情です。施工職人で国家基準資格を有している人はほんの僅かな人しかいません。そのためもし外構を頼もうと思ったら資格を持った人がいる会社を選ぶことが安心だと言えます。

エクステリアの施工までの流れについて

2018-05-14T17:51:35+09:002018/05/14|ブログ|

お庭や駐車場などのエクステリアを業者に依頼する場合は、お店に出向いたり電話などで相談をすることから始まります。自分の希望するイメージをお店の担当者に伝え、カタログやサンプルなどを見ながら相談していくことが必要です。業者に相談する場合は、自宅の敷地図や配置図などがあると相談しやすくなるので用意しておくとよいでしょう。希望する製品などを施工した場合の見積もりなどを出すために、担当者が自宅まで来て現地調査を行います。現地調査は見積もりなどを出すために行われ、図面などでは分かりにくかった段差や立地状況などの確認をするのが大きな特徴です。追加の希望や変更などを取り入れながら見積もりが提案され、希望者が納得したら契約が取り交わされエクステリアが施工されていきます。エクステリアの施工工事は日数がかかるため、依頼する場合は自分の都合などを確かめてくことも必要です。 エクステリアの施工の流れは、まず問い合わせから始めます。具体的な要望は来店したうえで施工例写真やカタログなどのサンプルを見ながら行い、イメージや予算を決めていきます。担当プランナーが現地調査を実施後、3D図面に起こしてくれるため完成イメージを確認することが可能です。図面や完成予想図、見積書を見ながら打ち合わせを行い、最終的な契約を行います。都合の良い着工日を決めて、実際に工事が開始されます。工事が終了すると、担当者と立ち会いのもと、仕上がりの品質などの最終チェックが行われて問題がなければ引き渡し完了です。着工前から完成までの書類やメンテナンスが必要な商品についてのマニュアルを受け取ります。施術後もアフターケアのサポートがあるのが一般的です。

お電話はこちらから
メールはこちらから