外構工事

ホーム/Tag: 外構工事

外構工事をする際に考えておきたいこと

2019-10-01T15:55:46+09:002019/09/28|ブログ|

外構工事は動線から考える 外構工事は屋外の敷地に施す工事ですが確保するスペースの広さや場所、設備などの配置により自宅内で過ごしている時の過ごし方にも影響するので、自宅内から見える風景はもとより玄関から道路に出るまでの動線についてもイメージして計画を立てていきましょう。動線をイメージして計画する事ができれば駐車した自動車に乗り込む際や、洗濯物を干すために物干し場に移動するといった行動が自然かつ快適に行えるようになります。 また、外構は表面上に見えている事柄に限らず、地中の中に埋められている設備についても考慮する必要があり、計画的に水道管を引き込む場所を決めると今後僅かに外構工事を行った場合でも、これまでと変わらず利便性が高い位置に蛇口が設置できます。

外構工事とはどの部分のことを指すのか?

2019-10-01T15:59:33+09:002019/09/20|ブログ|

外構工事とは 「外構工事」というのは、建物本体以外の外部廻りの工事の事になります。例えば舗装の工事であったり、排水工事、造園などの庭を作るという事もこれに含まれると考えてもいいでしょう。この反対の言葉として内装工事があり、こちらはインテリア工事とも言われますから、この外構工事はエクステリア工事というようにも言われるので注意をしておいた方が良いかも知れません。 よくあるのは堀や柵、垣根などを作るというような工事になるのかもしれません。リフォームなどでも需要がかなりあるので、これを専門的に施工するような業者もいます。家を造るような時には内装に目がいきがちですが、いざ建てて見るとその外が気になるので、この外の部分を後でいろいろと手を加えるという事も良くあります。

外構工事を依頼する際は、必ず元請業者に確認する

2019-10-01T16:04:56+09:002019/09/09|ブログ|

必ず元請業者に確認をする 外構工事をイメージした時、まず思い浮かぶのは建屋本体工事に「付帯する工事」だと思います。実際に、外構工事を請け負う業者は、建屋本体と別途発注になるケースが多く、元請ではなく下請業者になることがほとんどです。そのため、元請業者の指示や管理が適格でないと、現場での品質が確保されにくいという実情があります。それを避けるために重要なのは、建屋本体と外構工事を別途発注とせず、一括発注により元請業者にしっかりと管理させることです。 また、外構工事であっても標準仕様と呼ばれる技術的な指針があるため、図面や工事図書で事前に確認し、下請業者への認識を徹底させるのも元請業者の役割です。下請業者の独自の判断による工事をさせないことが、よりよい外構工事につながります。

外構工事完了後のメンテナンスについて

2019-10-02T13:18:25+09:002019/08/30|ブログ|

保つためにはメンテナンスが必須 外構工事完了後には、定期的なメンテナンスをすることによって施工当時のような美しい外観を保つことができるようになります。施工した内容によって、時期や必要な処理などは異なりますのでメンテナンスの事も含めてあらかじめ相談するのがお勧めです。外構工事に限らず、住宅づくりにはメンテナンスは必要不可欠となります。 必要な手入れを欠かさないことで、外構の寿命も長くなりますので施工の費用があまりかからずに美観を保つことができる方法を選ぶのがお勧めです。メンテナンスとしては、ひび割れの処理や変色の塗装やその他経年劣化を起こしている部分の施工をするのが一般的となります。定期的に確認をしてくれる業者なら、安心して依頼できます。

2019年 外構工事のトレンドについて

2019-10-02T13:18:01+09:002019/08/23|ブログ|

今年のトレンド 2019年の外構工事のトレンドは、緑を適度に使って涼しげでメンテナンスの手間や費用があまりかからないタイプが人気を集めています。外構は、お金や手間を掛ければいくらでも豪華になりますが継続し続けるのは大変です。手間やお金をあまりかけずにきれいな状態を保つことができる材料を使って、コストパフォーマンスを重視した外構工事がトレンドです。海外の戸建て住宅のように、外壁を取り払ってカーポートをエントランスの部分に作る外構も流行しています。 また庭を造るかどうかも一つのポイントとなりますが、庭も手入れが必要になりますので忙しい子育て世代では、手がかからないように雑草の生えない土を使うなどの工夫をする事例が多いです。

外構工事をする際に気をつけるポイント

2019-10-02T13:09:21+09:002019/08/17|ブログ|

気をつけるポイント その1 外構工事をする際に気をつけるポイントとしてもっとも重要なことは、使い勝手を具体的にシミュレーションして考えるということです。住宅の中で生活をする動線を考えるのと同じように、敷地の入口に入ってから玄関までの動線がどうなるか、駐車スペースや駐輪スペースからはどうなっているのか、水栓から水を撒く場所へは適しているのかなど、様々なシミュレーションを行う必要があります。具体的なシミュレーションを行うことによって、使い勝手についての失敗を防ぐことにつながります。 また無駄に広い場所やデッドスペースを作らないことも大切です。本来確保するべきスペースを犠牲にしてまで広いスペースを取ってしまっては、住んだ後にストレスになることが考えられます。計画の段階で、スペース確保の優先順位をよく考えましょう

外構工事の費用を下げるポイント

2019-10-02T13:08:58+09:002019/08/11|ブログ|

見積もりサイトで相場を調べる 外構工事をするための費用を下げるには、見積もりサイトを利用する方法があり、これは誰にでも簡単にできることです。 サイトの探し方は、「自分の地域・外構工事・見積もりサイト」を入力し検索すれば1ページ目に出るでしょう。厳密にはサイトにより利用の流れはことなりますが、まずは、フォームにて自分の個人情報やどういった工事をしたいのか、その他の特記事項などを入力します。この際に、価格を安くしたいということであればそれを特記事項に記載するのがおすすめです。基本的には数分程度で終わるような入力量になります。その後サイトの運営スタッフから連絡が来て、業者を紹介してもらうことに。現地に来て見積もりを出してもらうことになりますが、A社ではこれくらいで対応してくれると言っていましたというと、値下げに応じてもらいやすくなるでしょう。値引きの話が苦手な人は、交渉を代行してくれるサイトの利用がおすすめです。

外構工事は複数業者に見積り依頼をしたほうがいい理由

2019-10-02T13:08:04+09:002019/08/02|ブログ|

施工業者によって費用に差がある 外構工事をおこなう際、1社にのみ仕事を依頼するのではなく複数の専門会社に見積りを依頼した方がいい理由は、各会社で提示する費用に差があるからです。 外構工事には決まった金額が存在せず、会社によって施工方法は大きく異なります。専門知識を有している方なら、外構のデザインや設置する設備など細かく施工会社に指定をして大まかな費用の算出をすることも可能でしょう。しかし素人の場合はそれが不可能で、1社にだけ仕事を依頼すると会社側が提示する金額をそのまま飲み込むことになります。外構工事にはこれといった決まりもないので、たくさんの会社に工事の相談をすればそれぞれの見積り金額と工事内容を吟味して、より良い工事に着手できます。

エクステリアの相場価格:エクステリア工事一式例

2019-10-02T12:25:17+09:002019/03/28|ブログ|

エクステリアの外構工事を行なうケースは、大きく分けてリフォームの場合と、新築時の外構工事一式に分けられます。新築時での工事一式の費用相場は、総建設費用の1割あたりが一般的とされており、150万円〜350万円程度が平均的です。一式の工事ですので自由に素材などを選ぶ事ができ、カーポートの大きさや、外構のデザインなどもこだわり条件で行えるのがメリットです。 一方リフォームでエクステリアをする場合は、利用目的や材質の種類などによって様々で、フェンスの設置やウッドデッキの設置などが人気の例です。この場合ではおよそ50万円〜100万円程で施工する事が可能で、使用する材質や工事の範囲などで料金は変わってきます。

よく耳にする外構工事とは?

2019-10-01T15:56:20+09:002019/03/02|ブログ|

はじめに「外構」とは玄関周りのタイルなどをリフォームして使いやすくしたり、カーポート設置をしたりすることを指します。和風の住宅を石畳や灯篭や御影石を置き、庭木を植えて和の雰囲気を何倍も引き立ててくれます。枕木タイプのアプローチは木材を色で表現し低価格で設置できるので安価でリフォーム工事をしたい方にお勧めです。 コンクリートを正方形で区切ったタイルは、デコボコがなく車も通しやすくお子様やお年寄りでも歩きやすいので駐車スペース向けです。カーポートの種類は片側のみに支柱があるタイプはみ駐車がしやすいメリットがあり、両側に支柱があるタイプは、安定性が抜群で屋根部分に積雪してもしっかり安定するので雪が降る地域に合っています。