外構工事

ホーム/Tag: 外構工事

エクステリアの相場価格:エクステリア工事一式例

2020-04-06T23:59:20+09:002020/03/25|ブログ|

外構工事の相場価格を把握する エクステリア工事の一式の相場価格をある程度抑えておくことができれば、自宅のエクステリア工事を依頼する際に予算の範囲内で理想的な外構を造ることが出来るでしょう。庭やカーポート、エントランスの大きさによって外構工事の価格は大きく変わってくることになります。 主な外構工事の項目としては、隣地との境界線部分の塀やフェンス、門柱やインターフォン、植栽やカーポートなどがあるので、一式でどの程度費用が掛かるかは一概に言えないでしょう。ブロックやフェンスの1メートルあたりの単価やインターフォン工事代金、カーポート施工費用などを積み上げて計算することである程度の概算額をつかむことが出来ます。カーポートやインターフォンについては取り付ける製品の仕様によって価格が異なってきます。

外構工事の相場価格について:アプローチ編

2020-04-06T23:56:58+09:002020/03/20|ブログ|

現代では、多くの家庭で玄関にかけてのアプローチに強いこだわりを持っている人が増えてきています。門を入ってから玄関扉の前に、砂利や石畳を敷き詰めるなどお洒落で洗練された仕上がりを叶えているのです。このような外構工事を依頼する際には、事前にしっかりと価格の相場を調べておくことが肝心といえます。 地域や広さによっても異なりますが、大体の相場としては新築だと100万円から300万円程度です。リフォームの場合には、50万円から100万円となっています。このように、予算の範囲内で心から満足できる外構工事を行うなら、経験豊富で実績を十分に積み重ねてきた会社を選ぶと安心です。バリアフリーを重視する際には、手すりを設置するなどあらゆる工夫を凝らしてくれます。

外構工事の相場価格について:カーポート編①

2020-04-06T23:51:46+09:002020/03/10|ブログ|

外構工事で人気の施工にカーポート工事があり、相場は耐久性によって大きく異なってきます。支柱が多いほど頑丈な作りであり、雪や風によるダメージに強くなります。豪雪地域ほどカーポートの相場価格は高くなりますが、これは雪に負けない耐久性が必要になるためです。逆に雪が降らない地域ですと、必要以上に頑丈な作りにする必要はありません。 カーポートの価格は10~50万円程度と幅広くなっています。お住まいの地域の事情を考慮して、少し耐久性の高いタイプを選ぶのが得策です。例えばあまり降雪の多くない地域でも、数年に一度は大雪になるケースはあるでしょう。こうした悪条件を考慮して、ワンランク上のカーポートを設置するのが好ましいです。

外構工事のセミオープンスタイルとは

2020-04-06T23:47:08+09:002020/03/05|ブログ|

外構工事のセミオープンスタイルとは、オープンとクローズの間に位置する、中間的なスタイルのことを言います。 フェンスや塀を設けるにしても、セミオープンスタイルでは高さを低めに設定したり、全面ではなく部分的に設置するなどします。 セミオープンスタイルは開放感を求める場所をオープンに、逆にセキュリティやプライバシー重視の部分をクローズにするのも特徴です。 しかし、基本的に外構工事におけるセミオープンスタイルは、開放感を大切にして選択される傾向が強いです。 そのため、セキュリティやプライバシーなどに配慮しつつ、オープンの良さも採り入れられるメリットが得られます。 デザイン面が魅力的なのもポイントですが、しっかり設計しないと中途半端になりがちなので、調和の取れたセミオープンスタイル実現には設計力が必要になります。

外構工事の実情について

2020-04-06T18:24:14+09:002020/02/25|ブログ|

外構工事は長く良い状態で保つために必要な工事とはなりますが、図面などで説明して頂いてもいまいちよくわからないと答える方も多いです。また、完成したも物を購入するという事ではないので、工事を始めて何となくこれで良いのかなと思って終了するケースもあります。 ハウスメーカーではほとんどが下請け会社に委託しているため、プランを作る方が工事もしっかりと現場で完成まで見届けるということではないため、その点も踏まえて信頼できるところを探す事が大事になります。しっかりとプランを練って良いものを完成させる事ができる会社に依頼する事で、完成度もかなり変わります。口コミなどの評価に加え、プランを作成してくれる方にも納得できるまで聞く事が大事です。

外構工事の計画段階のポイント

2020-04-06T18:21:09+09:002020/02/20|ブログ|

植栽や外構のバランスを整えて計画することによって、住宅の品質が高まります。また外構工事も住居の間取りと同様で、エリア分けが大切です。住居の間取りを検討する段階で外構工事の計画を検討することが重要です。建物の外部としての動線や機能をイメージしておくことによって、心地良く使いやすい庭を実現させることが出来ます。 近隣や道路の環境やエリアをイメージして駐車スペースやアプローチ、芝生や花壇などを配置していくのがポイントです。安全や防犯、外観を演出するための屋外照明をイメージし配置していきます。玄関と門が対面している配置だと、玄関のドアが開いた場合に道路から家の中が奥までまる見えになってしまいますが、ずらして配置すると家の中が見えにくくなるのでプライバシーを確保することが可能です。

外構工事の注意点って?

2020-04-06T18:03:32+09:002020/02/10|ブログ|

外溝工事は家作りのときには駐車場スペースの確保で精一杯で、住み始めた後からなんとなく雰囲気のちぐはぐさを感じて手を入れていく家庭が多いです。失敗しないようにするためには、外溝も家の一部分なのだと考えて駐車場や門戸など全体の配置を考えてみましょう。家のイメージを作るのは実際は多くの人の目に触れる機会がある外溝です。 自動車の大きさを考えるだけでなく、バイクや自転車もあるならその分のスペースも確保しておきましょう。ウッドデッキやテラスは人気がありますが、狭すぎると持て余してしまって結局使えなかったということも良くあります。家族構成や今後のライフステージの変化に合わせて対応できるような外溝をバランスよく考えることが大切です。

近年、人気の高いエクステリア工事

2020-04-06T18:00:55+09:002020/02/05|ブログ|

エクステリアは建物を綺麗に見せる インテリアという言葉は非常に馴染みがありますが、その対になる、エクステリアという言葉にはまだ親しみが持てないという方も多いかもしれません。 しかしこのエクステリア、外構工事というのは家の外見を左右する、とても重要な要素ですので、これを専門の業者にお願いする人が増えています。西海岸風のお洒落な外見にしたい、あるいは純和風に統一してお家の雰囲気を高めたいといった需要が高まっており、お家の周辺の植栽や外壁、あるいは金具や扉など様々な外的な設備を一手に業者に引き受けてもらうというのが人気となっています。 家を外から見た場合、最も印象を与えられるのがやはりエクステリア部分ですから、ここにこだわって気持ちよく住まいを彩るということが、生活の質を上げることにもつながるのです。

外構、エクステリアリフォームをする際にどんな方法があるのかと注意点について

2020-04-06T16:24:06+09:002020/01/10|ブログ|

外構、エクステリアリフォームとは家の敷地に庭を作って植栽したり、駐車スペースを広げるといったように、手を加えて整えることをいいます。工務店や造園業者等、専門家に依頼する場合がほとんどです。 依頼する際の注意点として、実際に作業を行う職人さんにと完成イメージをしっかりと共有しておくことが重要です。こんな風にしたいという言葉だけではイメージがずれてしまう可能性がありますので、写真や絵など具体的なものがある方が確実です。使用する材料や樹木についても、カタログ等の紙ベースだけではなく可能であれば実際に見て自分が希望しているイメージとずれていないか確かめておくのがいいでしょう。安くはない費用をかけて行うリフォームなので失敗しないように事前に準備をしましょう。

外構工事をする際に考えておきたいこと

2019-10-01T15:55:46+09:002019/09/28|ブログ|

外構工事は動線から考える 外構工事は屋外の敷地に施す工事ですが確保するスペースの広さや場所、設備などの配置により自宅内で過ごしている時の過ごし方にも影響するので、自宅内から見える風景はもとより玄関から道路に出るまでの動線についてもイメージして計画を立てていきましょう。動線をイメージして計画する事ができれば駐車した自動車に乗り込む際や、洗濯物を干すために物干し場に移動するといった行動が自然かつ快適に行えるようになります。 また、外構は表面上に見えている事柄に限らず、地中の中に埋められている設備についても考慮する必要があり、計画的に水道管を引き込む場所を決めると今後僅かに外構工事を行った場合でも、これまでと変わらず利便性が高い位置に蛇口が設置できます。