外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構工事の計画段階のポイント

2018-08-26T15:17:58+00:002018/08/26|ブログ|

工事前にライフスタイルを考える 外構工事は建物が建てられた後に施工されるものですが、その時点では関連設備すでに工事が完了しているなど、制約を受けているのが通例です。外構工事の計画段階では家族構成やライフスタイルのことを忘れてはなりません。もし将来において、家族が増える可能性があればそれに見合ったプランニングをしなければならないのです。 具体的には生活のイメージに合致した配置を考えて、概算予算を立てるところから始まります。外構工事によってその家全体のイメージが大きく変わりますので、その建物のデザインとの整合性も大事な観点になってくるのです。専門知識を有するプランナーとじっくり相談をしながら、緻密にプランニングを行う姿勢を忘れてはなりません。 エクステリアのイメージが大切 外構工事を成功させるためには、計画段階が最も重要となってきます。敷地をどう使いたいのかあらかじめ配置を決め、イメージすることが大切です。庭には何を置いてどのような配置にするか、駐車場が必要な場合には何台分必要で、どれくらいの車の大きさなのかによっても変わってきます。現状所有している車でのイメージも大切ですが、今後大きな車を買う予定があるのならそれも踏まえて考えていく必要があります。 また、隣近所との間隔や立地も考えて配置を決める必要もあります。雨などによって敷地内に水が溜まらないように高低差を付けるために、なだらかな傾斜を付ける必要もあります。外構工事を成功させるには、回りの構成と自分のイメージをしっかりと決めることが大切です。

外構工事の計画段階のポイント

2018-07-20T14:15:18+00:002018/07/20|ブログ|

建物を建築した後に外構工事を行いますが、関係する生活設備はすでに施行されているので制約があることが多いです。 外構工事の計画では家族構成やライフスタイルも重要で、将来家族が増える予定がある場合は、状況に合ったプランニングが必要になります。 失敗しない予算の決め方 まず暮らしのイメージに合った配置を考え、大まかな予算を立てましょう。理想のプランを実現するには、事前の計画が必要不可欠です。どこに何を作るのかを配置を含めて明確に決めておくことが大切です。外構工事によって家全体のイメージも変わるので、建物デザインとの一体感も重要になります。外構の種類には2種類あり、日本の建築はプライバシーを重視したタイプが多いです。オープン外構は、敷地の周辺に門や塀などを作らずに草花や樹木を植えるタイプです。欧米で多いタイプで、開放的で費用も抑えられます。希望のタイプを担当者に伝えて、細かい部分の計画を詰めていきます。 外構工事の予算 建物以外の外回りの工事を外構工事と呼びます。外構工事には玄関アプローチやフェンス、カーポートに加えて植栽や造園も含まれます。 外構工事の計画段階では住みやすさを考えて配置をイメージします。専門知識を持つプランナーと相談をしながら、丁寧にプランニングを行うことが大切です。 外構工事は予算に合わせて行いますが、外構スタイルによって費用が異なります。欧米で多いオープン型だと敷地の境界線にフェンスを設けないので費用が安くなりますが、防犯対策の検討が必要です。敷地の境界線に高い塀を設けて外部からの視線を遮断できるタイプだと、プライバシーを守ることができます。オープン型に比べると建材を多く使うので、費用は高くなります。予算を考えて、できるだけ希望にマッチした外構工事が実現できるようにプランニングを行います。

建築中いつ頃にエクステリアの相談をするのがベストか?

2018-01-07T12:50:42+00:002018/01/07|ブログ|

エクステリアは室内から見えるのは窓からの一部であるものの、ふとした瞬間に目に入ったり帰宅時に良い環境の中を通って帰宅すると、ライフスタイルがより良いものになります。そのためには高度な技術を有する外構業者に依頼する必要がありますが、タイミングを誤ると理想としていたエクステリアが実現できなくなってしまいます。 足場の手配をするタイミング 特に起こりやすいのが、外構の業者としてはスケジュールと人員に余裕があるものの、高所を作業するための足場が手配できず、作業を行いたくても行えないという問題です。実は足場を管理し組み立てる業者と外構をデザインし施工していく組織は別々なので、二社の折り合いがつかなければ外構が進められないため、住宅自体の計画を練り始めるのと同時に、足場も手配できるようにしてください。 外構工事の工期と費用 外構は基礎部分に密着している低い箇所から屋根に接している高所に至るまで行い、足場を完備し塵が舞わないように特殊なカバーを備えた上で進めていくため、1年間を通して作業が進められます。ただし、外構業と足場を管理する会社は決算時期の他に冬場も仕事量が増加する傾向にあるため、繁忙期は需要増に伴う職人の人手不足と足場が出払ってしまっている現状を受け、工事費用が15%から30%程割高になります。一方決算期を終えて間もない4月から10月は業務量が減るので、割高になっていた料金が平均に戻っていますし職人と足場の数も潤沢です。 外構工事をお考えの皆様へ 当然多忙であっても手を抜くといった事は無いですが、これからライフスタイルを営む大事な住宅を大切に作り上げて頂くためには、余裕がある時期にすると金銭面でも恩恵が受けられ一石二鳥になります。

お電話はこちらから
メールはこちらから