外構工事の業者選びのポイント

2018-11-08T01:12:45+00:002018/10/28|ブログ|

注文住宅を建てたり従来の外構をリフォームしたり「外構工事」を依頼する方は少なくありません。外構は「家の顔」といわれるように、適当に作ってしまうと後で後悔するだけでなく家自体が安っぽくなってしまいます。 […]

外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構工事の計画段階のポイント

2018-08-26T15:17:58+00:002018/08/26|ブログ|

工事前にライフスタイルを考える 外構工事は建物が建てられた後に施工されるものですが、その時点では関連設備すでに工事が完了しているなど、制約を受けているのが通例です。外構工事の計画段階では家族構成やライフスタイルのことを忘れてはなりません。もし将来において、家族が増える可能性があればそれに見合ったプランニングをしなければならないのです。 具体的には生活のイメージに合致した配置を考えて、概算予算を立てるところから始まります。外構工事によってその家全体のイメージが大きく変わりますので、その建物のデザインとの整合性も大事な観点になってくるのです。専門知識を有するプランナーとじっくり相談をしながら、緻密にプランニングを行う姿勢を忘れてはなりません。 エクステリアのイメージが大切 外構工事を成功させるためには、計画段階が最も重要となってきます。敷地をどう使いたいのかあらかじめ配置を決め、イメージすることが大切です。庭には何を置いてどのような配置にするか、駐車場が必要な場合には何台分必要で、どれくらいの車の大きさなのかによっても変わってきます。現状所有している車でのイメージも大切ですが、今後大きな車を買う予定があるのならそれも踏まえて考えていく必要があります。 また、隣近所との間隔や立地も考えて配置を決める必要もあります。雨などによって敷地内に水が溜まらないように高低差を付けるために、なだらかな傾斜を付ける必要もあります。外構工事を成功させるには、回りの構成と自分のイメージをしっかりと決めることが大切です。

フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

2018-09-22T20:37:17+00:002018/08/10|ブログ|

フェンスの目的をまず考える フェンス(エクステリア)の選び方のおすすめのポイントは、目的をしっかりともって選ぶことが大切です。例えば人通りが多い通りに面していて、プライバシーを守るためにフェンス(エクステリア)が必要ならある程度の高さが必要ですし、目隠し機能があるデザインのものを選ぶのがポイントになります。敷地の境界線をはっきりさせるのが目的なら、メッシュタイプのように開放感があるデザインのものがおススメです。 防犯目的なら乗り越えるのが難しいちょっと高さがあって、先端が剣のようにとがっているものを選ぶというように、目的に合ったものを選んでいくことが大切です。デザインや素材などいろいろと種類があるので、目的に合うフェンス(エクステリア)を選んでいきましょう。 フェンスの素材と組み合わせ 家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。 その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。 それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

外構工事の計画段階のポイント

2018-07-20T14:15:18+00:002018/07/20|ブログ|

建物を建築した後に外構工事を行いますが、関係する生活設備はすでに施行されているので制約があることが多いです。 外構工事の計画では家族構成やライフスタイルも重要で、将来家族が増える予定がある場合は、状況に合ったプランニングが必要になります。 失敗しない予算の決め方 まず暮らしのイメージに合った配置を考え、大まかな予算を立てましょう。理想のプランを実現するには、事前の計画が必要不可欠です。どこに何を作るのかを配置を含めて明確に決めておくことが大切です。外構工事によって家全体のイメージも変わるので、建物デザインとの一体感も重要になります。外構の種類には2種類あり、日本の建築はプライバシーを重視したタイプが多いです。オープン外構は、敷地の周辺に門や塀などを作らずに草花や樹木を植えるタイプです。欧米で多いタイプで、開放的で費用も抑えられます。希望のタイプを担当者に伝えて、細かい部分の計画を詰めていきます。 外構工事の予算 建物以外の外回りの工事を外構工事と呼びます。外構工事には玄関アプローチやフェンス、カーポートに加えて植栽や造園も含まれます。 外構工事の計画段階では住みやすさを考えて配置をイメージします。専門知識を持つプランナーと相談をしながら、丁寧にプランニングを行うことが大切です。 外構工事は予算に合わせて行いますが、外構スタイルによって費用が異なります。欧米で多いオープン型だと敷地の境界線にフェンスを設けないので費用が安くなりますが、防犯対策の検討が必要です。敷地の境界線に高い塀を設けて外部からの視線を遮断できるタイプだと、プライバシーを守ることができます。オープン型に比べると建材を多く使うので、費用は高くなります。予算を考えて、できるだけ希望にマッチした外構工事が実現できるようにプランニングを行います。

外構、エクステリアリフォームを依頼する際の3つのポイント

2018-06-11T12:51:20+00:002018/06/11|ブログ|

外構、エクステリアリフォームを依頼する時のポイントはまず費用を抑えることが一つです。高すぎる工務店などを利用して外構、エクステリアリフォームを行うと予算オーバーをしてしまう可能性もあるので注意が必要なのです。 […]

お電話はこちらから
メールはこちらから