外構工事の注意点って?

2018-10-08T14:40:41+00:002018/09/14|ブログ|

外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。 […]

外構エクステリアリフォームに適してた時期とは?

2018-08-06T14:37:48+00:002018/08/06|ブログ|

外構工事が最適な時期 外構エクステリアリフォームに適した時期をご存知でしょうか? 最も最適な時期はズバリ「春」です。春は気候も良く安定していることから作業日程が立てやすいだけではなく、コンクリートやコーキングなどが固まるまでの目処を立てやすく作業能率が高くなります。 その一方で「夏」は猛烈な暑さで作業能率が落ち、「秋」には台風で工事が中止になったり部材を傷めることがあり、「冬」は地域によっては雪が降り、日照時間が短くなることで作業時間が短くなってしまいます。また、施工に必要となる部材も新製品との入れ替わりの時期で、旧製品は在庫処分などで安く仕入れることが可能となるため、費用も全体的に安くなる傾向にあり、少しでもリーズナブルに外構エクステリアリフォームを行うなら狙い目の時期と言えます。 工事時期の目安 エクステリアリフォームを行う時期の目安は、一般的には10年から15年程度といわれています。10年以上経過すると外構のあちこちに傷みが目立ち始め、新築時の美しさが損なわれてきます。また外構に関する新製品やデザインも登場して、今まで使っていた物より良いものを選ぶことが可能です。 もちろん傷みが目立ち始めていなくても、外構の状況が現在のライフスタイルと合わなければ、エクステリアリフォームを考えましょう。例えば車の台数が増えて駐車場が必要になったり増改築をしたりするすときにも、エクステリアリフォームをして外構をライフスタイルに合わせて下さい。暮らす人のライフスタイルの変化も、エクステリアリフォームをするタイミングでは需要です。

外構工事の計画を立てる Part2

2018-04-16T21:29:34+00:002018/04/16|ブログ|

外構の工事は物件が完成した後に工事が開始される事例が多いですが、物件が完成した後に外構工事をするのは時期としては最良ではありません。 物件に比べると行う作業が少ない上に面積も小さいのでつい後回しにしてしまいがちですが、後回しにすると取って付けたような外構に仕上がってしまいます。 そこで、最も良いタイミングとして挙げられるのが物件の計画を立てる時に、外構ありきでデザインを設計するという事です。 つまり、お庭の部分も部屋の一つであると考えてデザインしていくという事なのですが、そうした計画を立てるとお部屋から屋外を眺めた時の風景が優れたものに感じられるようになり、まるで窓が額縁のような役目を果たしてくれます。 一言で外構と言っても様々なデザインがありますし、デザインに応じて施工を得意としている業者にも違いがあります。 庭に存在している植物を活かした外構をデザインしていきたいのなら、造園や園芸に強みを持っている施工業者を選定すると満足度が高い外構に仕上がりますし、カーポートやブロック塀といった物をメインにして外構を完成させたいのなら、土木を得意としている施工業者に依頼すべきです。 また、依頼する施工業者は大手であるという理由だけで選ばないようにする事も重要であり、その理由は依頼したのは大手であるものの実際に現場に訪れて外構を手がけるのは、下請けの施工業者である事例が多いためです。 そのため、大手であるのにクォリティが低かったり小規模であるのに懇切丁寧でハイクォリティーな事例もあるので、施工業者の規模は判断材料にしないようにしましょう。

お電話はこちらから
メールはこちらから