外構工事をする際に考えておきたいこと

2019-10-01T15:55:46+09:002019/09/28|ブログ|

外構工事は動線から考える 外構工事は屋外の敷地に施す工事ですが確保するスペースの広さや場所、設備などの配置により自宅内で過ごしている時の過ごし方にも影響するので、自宅内から見える風景はもとより玄関から道路に出るまでの動線についてもイメージして計画を立てていきましょう。動線をイメージして計画する事ができれば駐車した自動車に乗り込む際や、洗濯物を干すために物干し場に移動するといった行動が自然かつ快適に行えるようになります。 また、外構は表面上に見えている事柄に限らず、地中の中に埋められている設備についても考慮する必要があり、計画的に水道管を引き込む場所を決めると今後僅かに外構工事を行った場合でも、これまでと変わらず利便性が高い位置に蛇口が設置できます。