外構エクステリアリフォームに適してた時期って?

2019-04-25T16:18:43+09:002019/04/30|ブログ|

外構工事に適した時期はある 外構エクステリアリフォームが適した時期としては、天候が安定している秋頃があげられます。雪の降る冬場や天候の安定しない春先に梅雨の時期はあまり適しているとは言い難いものですし、夏の暑すぎる時期も窓を開けることができない工事の内容だと少し不便なものです。それに対して秋頃は天候が安定しているので、天候不順を理由に工事が遅れてしまうということも少ないものですし、窓を開けることができなくても、室温が上昇しすぎることもないので不便を感じることがありません。特別この時期でなければいけないという理由がないのであれば、秋頃が適していると言えるでしょう。 ただし、それ以外の時期が外構エクステリアリフォームをしてはいけないのかというとそうではないので、都合によって時期を決めるのも一つの手になります。 季節以外にも工事が必要な時期がある 外構エクステリアリフォームに適している時期は、いくつかのケースに分かれます。生活スタイルに変化が起き、元々予定にはなかった車の購入によって駐車スペースが必要になったり、近所に新しく家が建ったりなどし、周りから隠したくなった時などです。 また家族や居候などが増えて、家を増改築する必要が出たときも挙げられます。二世帯住宅や三世帯住宅にも外構エクステリアリフォームは必要となるでしょう。長年にわたって積み重なった汚れや痛みなどが目立ち始めたときも欠かせませんです。屋外で雨風にさらされ、木材が腐食してきたり、金属部分の錆が酷くなったりした際には、できるだけ早く、エクステリアリフォームをした方がよいと言えます。

エクステリアの施工までの流れについて

2019-04-25T16:21:21+09:002019/04/17|ブログ|

外構工事はまず設計から エクステリアの施工までの流れとしては、まず第一にプランのイメージをしっかりと描きましょう。家族の希望やリフォームする部分、大まかな予算などの具体的なイメージや目的があると、打ち合わせがスムーズに進んでいきます。 イメージが求められたら情報収集を始めます。雑誌やメーカーのホームページなどにも施工例などが掲載されているので、このようなものを参考にするのもお薦めです。家族でじっくりと検討したいのであれば、実物が掲載されているカタログを取り寄せて参考にするとよいでしょう。またショールームなどを活用するのも一つの手段です。イメージが固まったら施工業者を決めていきます。いくつかの候補をあげたら、実際に相談してみるとよいでしょう。 工事担当者による現地調査 エクステリアの施工を行う際には、依頼する業者との間で話し合いを行い完成形のイメージや好みのデザインを双方で共有した後、担当者が実際に施工を行う場所に出向いて現地調査を行い、高低差や寸法を測って環境調査を講じます。並行して手がけられていた完成形のイメージデザインを目にし、図面を元にして要望が滞りなく反映されている事を確認した上で、企業が提案しているプランを元にし予算との兼ね合いをしつつ、より一層詳細な打ち合わせを進めます。詳細に至るまで納得し見積内容に同意できたら契約書の取り交わしを行い、設計者と現場監督が現地にて最終確認を済ませた後工事が着工されます。 図面に沿って完成した事が確認された後、依頼主と共に最終確認を行い無問題であれば引き渡しが行われ、引き渡し後は各所の管理方法などについてアフターサポートが行われます。

エクステリアのフェンス おすすめと選び方

2019-04-25T16:23:51+09:002019/04/11|ブログ|

フェンスの目的が最重要 フェンス(エクステリア)を選ぶ際は、まずは自身の目的を明確にしましょう。何でも良いから柵が欲しいならば、開放感があり、軽く・丈夫な素材のものを選ぶようにしてください。無難な見た目のフェンス(エクステリア)ならば、安価で多量にあるので、好みのみで選んでしまっても問題ありません。 目隠しをしたい、庭の雰囲気にあったものを取り付けたいならば、選び方は少々複雑になります。はじめにサイズと大体のイメージを決め、そこから更に絞って行くと良いでしょう。詳しい素材などは、お店の方と相談をして決めることをおすすめいたします。現在は多彩なフェンス素材があり、ウッド系の見た目のものにしても本物の木・樹脂・アルミ製などいくらでも存在しているので、じっくりと話し合って決めてください。 目的が決まったら種類を選ぶ フェンス(エクステリア)のおすすめと選び方は、まずフェンス(エクステリア)の役割や設置される目的を考えることが大切になるでしょう。隣の敷地に接していたり道路に面しているため、目隠しですとか防犯性を重視するのなら、フェンス(エクステリア)の高さが必要になりますし、先端部が尖っているものもあっておすすめです。それから、外からは中の様子が見えにくく、逆に内側からは見通しの良いものもあります。 また、デザイン性が高い製品や機能性も兼ね備えた製品もありますから、設置される目的をまずは決めておきましょう。フェンス(エクステリア)には、さまざまな素材が使われているものですから、強度の高い素材を選ぶのもいいです。

エクステリアの相場価格:エクステリア工事一式例

2019-04-01T19:34:41+09:002019/03/28|ブログ|

エクステリアの外構工事を行なうケースは、大きく分けてリフォームの場合と、新築時の外構工事一式に分けられます。新築時での工事一式の費用相場は、総建設費用の1割あたりが一般的とされており、150万円〜350万円程度が平均的です。一式の工事ですので自由に素材などを選ぶ事ができ、カーポートの大きさや、外構のデザインなどもこだわり条件で行えるのがメリットです。 一方リフォームでエクステリアをする場合は、利用目的や材質の種類などによって様々で、フェンスの設置やウッドデッキの設置などが人気の例です。この場合ではおよそ50万円〜100万円程で施工する事が可能で、使用する材質や工事の範囲などで料金は変わってきます。 外構工事の相場価格を把握する エクステリア工事の一式の相場価格をある程度抑えておくことができれば、自宅のエクステリア工事を依頼する際に予算の範囲内で理想的な外構を造ることが出来るでしょう。庭やカーポート、エントランスの大きさによって外構工事の価格は大きく変わってくることになります。 主な外構工事の項目としては、隣地との境界線部分の塀やフェンス、門柱やインターフォン、植栽やカーポートなどがあるので、一式でどの程度費用が掛かるかは一概に言えないでしょう。ブロックやフェンスの1メートルあたりの単価やインターフォン工事代金、カーポート施工費用などを積み上げて計算することである程度の概算額をつかむことが出来ます。カーポートやインターフォンについては取り付ける製品の仕様によって価格が異なってきます。

よく耳にする外構工事とは?

2019-04-01T19:45:46+09:002019/03/02|ブログ|

はじめに「外構」とは玄関周りのタイルなどをリフォームして使いやすくしたり、カーポート設置をしたりすることを指します。和風の住宅を石畳や灯篭や御影石を置き、庭木を植えて和の雰囲気を何倍も引き立ててくれます。枕木タイプのアプローチは木材を色で表現し低価格で設置できるので安価でリフォーム工事をしたい方にお勧めです。 […]

建築関係で欠かせない仕事!エクステリアデザイナー

2019-04-01T20:02:17+09:002019/02/28|ブログ|

エクステリアと言えば、一般的には家の外にある物を指します。それを日本語に訳すと外構や外装といったものになります。簡単に言えば、家の中を飾るものを総じてインテリアと呼びますが、その逆で外にあるものです。 […]

外構、エクステリアリフォームを依頼する際の3つのポイント

2018-12-09T17:49:55+09:002018/11/24|ブログ|

外構・エクステリアリフォームで失敗しないためには、3つのポイントを押さえて依頼することが大切です。依頼する前には、敷地の形状と方位などの基本的な部分に加え日照や風向きなど自然条件を把握して下さい。様々な条件を把握したら、具体的な外構・エクステリアリフォームのイメージを固めましょう。完成後のイメージを固めずに外構・エクステリアリフォームを依頼しても、施工業者に理想を具体的に伝えることができません。 依頼をする前には、見積もりをしてもらうこともポイントです。見積もりで必要な費用をしっかりと把握し、その上で施工後湯車と打ち合わせしながら細部を詰めていくと、理想的な外構・エクステリアリフォームができるでしょう。 具体的な3つのポイント 外構工事とエクステリアリフォームで失敗しないためには依頼段階から以下の3点に注意する必要があります。 1つめは依頼前に希望予算を明確に定めておくことです。完成イメージが湧いていなくても、良い会社を選んだり交渉を有利に進めるのに必要なので無理矢理にでも決めてください。本を読んだり知人に相談して決定するのがおすすめです。 2つめは複数の会社に見積を依頼することです。面倒くさがって1社にしか見積をしない人もいますが、相見積していることを伝えると値引きも期待できるので複数の会社に見積をするのがいいです。 3つめは自転車の駐輪場所を依頼前に決めておくことです。これを計算に入れずに工事を進めると、毎日入り組んだ場所から自転車を出し入れしなければならず不便な思いをします。それに自転車で自動車や家を傷つける結果を招いて後悔するかもしれません。施工会社は自動車に比べて自転車に配慮してくれないものです。

外構、エクステリアリフォームをする際にどんな方法があるのかと注意点について

2018-12-09T17:51:47+09:002018/11/15|ブログ|

外構、エクステリアリフォームの方法としては、近年流行しているDIYで行う方法もありますが、多くの場合は業者に依頼することがほとんどです。注意点については、仕上がりの後に様々なトラブルや失敗例などが報告されているため、本当に信頼のおける業者であるかどうかを見極めたうえで依頼することが大切です。トラブル例としては雨で滑りやすいアプローチになってしまったり段差が思ったよりもきつくなった、予算をオーバーしてしまった、予算がなく理想と離れた施工となったなどのケースが挙げられます。そのため予算や目的、生活スタイルについて事前にしっかりと確認しておく必要があります。またこれらの失敗が起こらないように、業者選びは慎重に行いましょう。 外構、エクステリアリフォームとは家の敷地に庭を作って植栽したり、駐車スペースを広げるといったように、手を加えて整えることをいいます。工務店や造園業者等、専門家に依頼する場合がほとんどです。依頼する際の注意点として、実際に作業を行う職人さんにと完成イメージをしっかりと共有しておくことが重要です。こんな風にしたいという言葉だけではイメージがずれてしまう可能性がありますので、写真や絵など具体的なものがある方が確実です。使用する材料や樹木についても、カタログ等の紙ベースだけではなく可能であれば実際に見て自分が希望しているイメージとずれていないか確かめておくのがいいでしょう。安くはない費用をかけて行うリフォームなので失敗しないように事前に準備をしましょう。

外構工事の計画をしっかりと立てる

2018-12-09T17:56:01+09:002018/11/02|ブログ|

外構工事を実施するときは計画をしっかりと立てておくことが大切です。まず最初に予算を決めるようにします。お金に余裕がある場合は一度に行っても良いですが、予算に余裕がない場合は何度かに分けて外構工事をすると良いです。 次にどのようなデザインにするかということを考えます。じっくりと時間をかけて情報収集することで、後にトラブルが発生することを防ぐことが可能です。希望するデザインを決定したらどの業者に依頼するかを決めます。少ない業者に絞ってしまうと失敗する確率が上がるので、できるだけたくさんの業者に見積もりを頼んでおくと安心です。それぞれの業者から見積もりをもらったらきちんと比較して検討します。予算やプランなどを総合的にみて自分に最適なものを選ぶようにしましょう。 エクステリア設計は物件ができる前がオススメ 外構工事は物件の周囲に対して施す工事なので、メインとなる物件が完成した後に着手する方が多いですが、物件が完成してから施工を開始するのは相応しくありません。外構工事は単に物件の周囲に塀を設置したり、芝生やアスファルトを敷くというような表面上の工事ではなく、土を掘り起こして地中に対してもアプローチする工事であるためです。そのため、物件が完成してから外構工事を行うと地中に埋められている配管などが影響し、計画していた理想的な外構に仕上げられない可能性が高まります。 また、庭仕事をした後に屋外に設置されている蛇口で手が洗えたり、洗車をするというのはマイホームならではの魅力ですが、外構工事の計画を後回しにすると配管の関係上、蛇口の設置場所の自由度が低くなってしまいます。

外構工事の業者選びのポイント

2018-11-08T01:12:45+09:002018/10/28|ブログ|

注文住宅を建てたり従来の外構をリフォームしたり「外構工事」を依頼する方は少なくありません。外構は「家の顔」といわれるように、適当に作ってしまうと後で後悔するだけでなく家自体が安っぽくなってしまいます。 […]

お電話はこちらから
メールはこちらから