エクステリア

ホーム/Tag: エクステリア

フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

2020-04-16T15:45:25+09:002020/04/25|ブログ|

フェンスの素材と組み合わせ 家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。 その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。 それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

エクステリアのフェンス おすすめと選び方

2020-04-16T15:42:20+09:002020/04/20|ブログ|

目的が決まったら種類を選ぶ フェンス(エクステリア)のおすすめと選び方は、まずフェンス(エクステリア)の役割や設置される目的を考えることが大切になるでしょう。隣の敷地に接していたり道路に面しているため、目隠しですとか防犯性を重視するのなら、フェンス(エクステリア)の高さが必要になりますし、先端部が尖っているものもあっておすすめです。それから、外からは中の様子が見えにくく、逆に内側からは見通しの良いものもあります。 また、デザイン性が高い製品や機能性も兼ね備えた製品もありますから、設置される目的をまずは決めておきましょう。フェンス(エクステリア)には、さまざまな素材が使われているものですから、強度の高い素材を選ぶのもいいです。

外構、エクステリアリフォームを依頼する際の3つのポイント

2020-04-06T18:17:56+09:002020/02/15|ブログ|

さらに失敗しない為に 外構、エクステリアリフォームを依頼する際に注意しないといけないポイントは、どこの工務店に依頼するかということで、こちらが思う通りのリフォームをしてもらうためにも綿密に打ち合わせをすることが大切なポイントになってきます。リフォームを行う時期というのもポイントで、できる限り夏や冬を避けることが外構、エクステリアリフォームでは多い傾向にあります。 また、造園などといった植栽工事がある場合では、植える樹木によって移植する時期が決まってくるので、その樹木に合わせて工事を行うことも大事なポイントとなります。外構、エクステリアリフォームを依頼する際は複数の工務店から見積もりを取り寄せて、その中から慎重に選んでいくことが重要になります。

近年、人気の高いエクステリア工事

2020-04-06T18:00:55+09:002020/02/05|ブログ|

エクステリアは建物を綺麗に見せる インテリアという言葉は非常に馴染みがありますが、その対になる、エクステリアという言葉にはまだ親しみが持てないという方も多いかもしれません。 しかしこのエクステリア、外構工事というのは家の外見を左右する、とても重要な要素ですので、これを専門の業者にお願いする人が増えています。西海岸風のお洒落な外見にしたい、あるいは純和風に統一してお家の雰囲気を高めたいといった需要が高まっており、お家の周辺の植栽や外壁、あるいは金具や扉など様々な外的な設備を一手に業者に引き受けてもらうというのが人気となっています。 家を外から見た場合、最も印象を与えられるのがやはりエクステリア部分ですから、ここにこだわって気持ちよく住まいを彩るということが、生活の質を上げることにもつながるのです。

外構工事完了後のメンテナンスについて

2019-10-01T15:52:48+09:002019/10/01|ブログ|

業者でなくてもメンテナンスは可能? 外構工事はお庭を綺麗に整える事や希望に応じたリフォームが行なえますが、工事完了後にもメンテナンスしておく事で美しい状態を保つ事ができます。フェンスやコンクリート、タイルなどの破損や汚れをチェックする事は、自分でも比較的簡単に行えるメンテナンスです。 またガーデニングのお手入れは自分で行うには大変な部分もありますので、外構工事会社のアフターサービスを利用する方法もあります。プロの視点から適切な時期にメンテナンスを実施してくれますし、丁寧できめ細かい作業が綺麗な庭として維持する事にも繫がります。専門の会社ならではの知識がありますので、芝生やコンクリートなどが劣化する前に判断できるという点もメリットです。

外構工事とはどの部分のことを指すのか?

2019-10-01T15:59:33+09:002019/09/20|ブログ|

外構工事とは 「外構工事」というのは、建物本体以外の外部廻りの工事の事になります。例えば舗装の工事であったり、排水工事、造園などの庭を作るという事もこれに含まれると考えてもいいでしょう。この反対の言葉として内装工事があり、こちらはインテリア工事とも言われますから、この外構工事はエクステリア工事というようにも言われるので注意をしておいた方が良いかも知れません。 よくあるのは堀や柵、垣根などを作るというような工事になるのかもしれません。リフォームなどでも需要がかなりあるので、これを専門的に施工するような業者もいます。家を造るような時には内装に目がいきがちですが、いざ建てて見るとその外が気になるので、この外の部分を後でいろいろと手を加えるという事も良くあります。

建築関係で欠かせないエクステリアデザイナーの役割について

2019-10-01T16:02:05+09:002019/09/14|ブログ|

エクステリアデザイナーの役割 建築関係で欠かせない仕事の1つとして、エクステリアデザイナーが挙げられます。塀や門などのデザインやそこから玄関までのアプローチ、カーポートなどの建物の外装に関わるデザインを担当する仕事です。 お客さんや建物の設計施工者との打ち合わせを通して希望するイメージを理解し、ラフデザインに描き起こした後に、様々な素材を組み合わせたり既製品を使ったり、時にはハンドメイドをしたりして具体的な外装の形をまとめて行きます。エクステリアのリフォームなども気をっていることが多く、年々その需要が高まっている職業です。エクステリアデザイナーとして活躍するためには、国内外のエクステリアの流行を見抜く敏感な感性が求められます。

アプローチの工事にかかる費用と相場の価格について

2019-10-01T16:07:16+09:002019/09/02|ブログ|

アプローチ工事の相場価格 外構の玄関アプローチ工事の相場は、デザインにより費用が異なります。タイルを用いて工事をすることが多いですが、1平米12000円から15000円と考えて間違いありません。使用するタイルにより異なるため、注意する必要があります。 ブロックを互い違いに組み合わるインターロッキング工事を行う場合は、1平米あたり9000円から13000円が相場となります。飛び石の施工を行う場合は、縦30センチ横60センチの敷石を利用する場合、1枚あたりの設置工事を含めた相場は3000円から4000円と考えておくと間違いありません。敷石周りに砂利を敷き詰める場合は、工事面積によって異なりますが、100000円から130000円が相場となります。

外構エクステリアリフォームに適してた時期って?

2019-10-02T13:02:57+09:002019/04/30|ブログ|

外構工事に適した時期はある 外構エクステリアリフォームが適した時期としては、天候が安定している秋頃があげられます。雪の降る冬場や天候の安定しない春先に梅雨の時期はあまり適しているとは言い難いものですし、夏の暑すぎる時期も窓を開けることができない工事の内容だと少し不便なものです。それに対して秋頃は天候が安定しているので、天候不順を理由に工事が遅れてしまうということも少ないものですし、窓を開けることができなくても、室温が上昇しすぎることもないので不便を感じることがありません。特別この時期でなければいけないという理由がないのであれば、秋頃が適していると言えるでしょう。 ただし、それ以外の時期が外構エクステリアリフォームをしてはいけないのかというとそうではないので、都合によって時期を決めるのも一つの手になります。

エクステリアの施工までの流れについて

2019-10-02T13:01:25+09:002019/04/17|ブログ|

外構工事はまず設計から エクステリアの施工までの流れとしては、まず第一にプランのイメージをしっかりと描きましょう。家族の希望やリフォームする部分、大まかな予算などの具体的なイメージや目的があると、打ち合わせがスムーズに進んでいきます。 イメージが求められたら情報収集を始めます。雑誌やメーカーのホームページなどにも施工例などが掲載されているので、このようなものを参考にするのもお薦めです。家族でじっくりと検討したいのであれば、実物が掲載されているカタログを取り寄せて参考にするとよいでしょう。 またショールームなどを活用するのも一つの手段です。イメージが固まったら施工業者を決めていきます。いくつかの候補をあげたら、実際に相談してみるとよいでしょう。