イメージ

ホーム/Tag: イメージ

建築関係で欠かせないエクステリアデザイナーの役割について

2019-10-01T16:02:05+09:002019/09/14|ブログ|

エクステリアデザイナーの役割 建築関係で欠かせない仕事の1つとして、エクステリアデザイナーが挙げられます。塀や門などのデザインやそこから玄関までのアプローチ、カーポートなどの建物の外装に関わるデザインを担当する仕事です。 お客さんや建物の設計施工者との打ち合わせを通して希望するイメージを理解し、ラフデザインに描き起こした後に、様々な素材を組み合わせたり既製品を使ったり、時にはハンドメイドをしたりして具体的な外装の形をまとめて行きます。エクステリアのリフォームなども気をっていることが多く、年々その需要が高まっている職業です。エクステリアデザイナーとして活躍するためには、国内外のエクステリアの流行を見抜く敏感な感性が求められます。

外構工事の計画段階のポイント

2019-10-01T15:53:52+09:002019/03/10|ブログ|

外構工事にはいくつかの要点がありあす。まず最初に重要なのは、全体の配置計画を想像することです。よくありがちなパターンに、こだわりが強すぎてディテールからイメージをつくる方がいます。しかし、その場合全体のバランスが悪くなる可能性があるため、可能な限り全体の配置をイメージすることから始めることをおすすめします。 逆に全体の配置計画のイメージさえ固まってしまえば、あとはコストバランスを鑑みながらディテールをつめていけるため、トータルとしてよりよい外構工事なる可能性が高くなります。「細かいところから入らず、大きなところから検討する」ことが外構工事のポイントです。このポイントを押さえたうえで、こだわりのディテールを検討するのも手だと思います。

外構工事の計画段階のポイント

2019-10-01T16:19:20+09:002018/08/26|ブログ|

工事前にライフスタイルを考える 外構工事は建物が建てられた後に施工されるものですが、その時点では関連設備すでに工事が完了しているなど、制約を受けているのが通例です。外構工事の計画段階では家族構成やライフスタイルのことを忘れてはなりません。もし将来において、家族が増える可能性があればそれに見合ったプランニングをしなければならないのです。 具体的には生活のイメージに合致した配置を考えて、概算予算を立てるところから始まります。外構工事によってその家全体のイメージが大きく変わりますので、その建物のデザインとの整合性も大事な観点になってくるのです。専門知識を有するプランナーとじっくり相談をしながら、緻密にプランニングを行う姿勢を忘れてはなりません。