ブログ

ホーム/ブログ

外構工事のオープンスタイルとは

2020-06-01T13:15:51+09:002020/05/25|ブログ|

一般的な外構工事では建物の周囲を壁やフェンスで囲み敷地の境界線をスタイリッシュに仕上げるケースが大多数でしたが、ここに来てオープンスタイルが人気となっています。 壁やフェンスをできるだけ使用せず、植栽やタイルなどを敷設するためコストダウンが図られ比較的に低価格で施工が実現できるほか、周囲が囲まれていることで生じる圧迫感が軽減されて開放感が得られるだけではなくスペースも有効活用できます。 壁やフェンスを設置した場合には将来的にリフォームを行いたい場合に大掛かりな撤去作業が必要になる場合もありますが、オープンスタイルであればシンプルな構造であることからその後のプランの変更が容易なのも大きなメリットです。

外構工事の施工業者選び

2020-06-01T13:13:46+09:002020/05/20|ブログ|

依頼する工事によって業者を決める 庭や門の工事を行いたい場合、外構の施工業者にお願いする必要があります。造園業者やエクステリア施工業者、ハウスメーカー等に依頼することができますが、業者によって得意分野が違います。雑誌をチェックし、いいなと感じた業者に依頼すると、イメージ通りの工事をお願いすることができるのではないでしょうか。エクステリア工事の会社や造園会社が行うイベント等に参加してみることもお勧めです。 また、実際に依頼する前に、どのような企業なのか調べておくことも大切です。資格取得者が在籍している企業だと、安心してお願いすることができます。保険に加入しているか、アフターケアの体制が整っているかもチェックしておくことが大切です。

外構工事の注意点って?

2020-06-01T13:10:37+09:002020/05/11|ブログ|

日本は敷地が狭い事もあり庭付きの住宅が手に入れられるとなればつい広めに敷地面積を確保してしまいがちになりますが、無意味に広く敷地面積を確保すると持て余してし溝工事を失敗してしまいます。 そのため、たとえ広い敷地面積が手に入れられたとしても初期段階から具体的な利用方法を計画してから工事に着手すべきであり、特に長い目で見なければならないのが駐車場と駐輪場にスペースについてです。駐車場や駐輪場というのは家族の形態などにより使い方が変化する場所であるため、短期的な目線でしか計画できていない場合だと自動車を買い替えたり、子供が成長し自転車を使用するようになった時に手狭に感じられます。 また、外溝工事を行う場合にはコンセントの位置や水道の位置についても、室内空間と同様に抜かり無く十分に計画しましょう。

地域特化した外構工事業者がおすすめの理由

2020-06-01T13:09:04+09:002020/05/06|ブログ|

地域特化した業者は評判が大切 なぜ地域に特化していることが重要なのかといいますと、その地域でよくない評判が立ちますとその業者はほとんど仕事を失うことになるからです。 せまい地域での口コミは絶大ですので、非常に丁寧に対応してくれますし、外構工事もしっかりと施工してくれるので安心なのです。ですので、もし外構工事を考えていて業者が絞り切れずに困っているのであれば、地域特化の業者に依頼することをおすすめします。

外構工事の価格は地域によって違うのか?

2020-06-01T13:07:31+09:002020/05/01|ブログ|

その地域の相場価格を調べることが重要 家の見栄えは外構工事の出来不出来によっても違ってきます。玄関までの動線や庭木の配置も大切ですし、門扉やフェンスなどを選ぶのも専門業者のアドバイスは大きなメリットが存在します。外構工事を依頼する地域の自然環境は、外構に大きな影響を与えることはいうまでもありません。例えば、海の近くでは塩害に強い素材を選ぶ必要も出てきます。外構工事は地域によっては特殊な施工も必要としますので、掛かる費用も自ずと違ってきます。選ぶ素材が違えば価格も施工費用も変わってきますので、外構工事を依頼するときは地域の相場を調べることも重要です。専門業者のホームページには外構工事に必要な施工方法や費用内容なども具体例を提示し詳細に明記されています。さらに、見積もりを請求することも可能です。

フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

2020-04-16T15:45:25+09:002020/04/25|ブログ|

フェンスの素材と組み合わせ 家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。 その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。 それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

エクステリアのフェンス おすすめと選び方

2020-04-16T15:42:20+09:002020/04/20|ブログ|

目的が決まったら種類を選ぶ フェンス(エクステリア)のおすすめと選び方は、まずフェンス(エクステリア)の役割や設置される目的を考えることが大切になるでしょう。隣の敷地に接していたり道路に面しているため、目隠しですとか防犯性を重視するのなら、フェンス(エクステリア)の高さが必要になりますし、先端部が尖っているものもあっておすすめです。それから、外からは中の様子が見えにくく、逆に内側からは見通しの良いものもあります。 また、デザイン性が高い製品や機能性も兼ね備えた製品もありますから、設置される目的をまずは決めておきましょう。フェンス(エクステリア)には、さまざまな素材が使われているものですから、強度の高い素材を選ぶのもいいです。

外構工事の計画段階のポイント

2020-04-16T15:30:12+09:002020/04/15|ブログ|

外構工事を計画する段階では、配置やデザインのイメージを具体化していくことが重要です。イメージを具体化していく際の基準としては、まずはデザイン性を考慮することが大事です。デザイン性は住宅の外観と調和していることが求められるでしょう。次に利便性があるかも重要なことです。使い勝手が悪いと、住むのが嫌になってしまうかもしれません。 それから、外構には防犯性というものも求められます。例えば、塀やフェンスなどのつくりをどのようにするかで防犯性能は大きく変わってきますから、その土地の治安などをよく勘案して外構工事を行う必要があります。 以上のデザイン性・利便性・防犯性を考慮し、さらにどれくらいの予算が取れるのかも計算しながら工事の計画を進めていくといいでしょう。

外構工事の施工業者選び

2020-04-16T15:23:52+09:002020/04/10|ブログ|

外構工事を行う事に決めた際、より良い施工業者を選ぶためには施工を行う現場を実際に見に来てもらえる施工業者を選ぶ事が大切です。 そのように、実際に現場を見に来てもらえる事により設計図や資料だけではわからなかった実情がわかるようになるので、面する道路や隣り合う建物などを思慮して尚一層最適な計画が立てられます。 また、施工業者を選ぶ時には依頼した内容でしっかりと作業を進めてくれる事が重要ではあるものの、これまでに多くの施工を行ってきた専門家ならではの立場から適材適所でアドバイスをしてくれる事もポイントです。 施工業者という専門家の視点からアドバイスをしてもらえれば、理想を現実化しつつより快適かつ素敵な外構が作り上げられます。

外構工事の計画を立てる

2020-04-16T15:15:35+09:002020/04/05|ブログ|

外構工事を行う時には予算から計画を立てていく事が大切なので、予算内で外構工事によって新たに得たい設備や修復したい箇所を決めていきましょう。 予算や希望を決めた後は外構工事を手がけている業者選びへと移りますが、業者選びをする時には一社に限らず複数の業者を候補に入れて比べる事がポイントです。 複数の業者と具体的なやり取りをしたり、見積もりを出してもらった上で依頼する業者を選定して後は、実際に外構工事が行われます。 工事を行っている期間中は、普段自家用車を駐車しているスペースに駐車できないなど普段の生活とは異なる過ごし方をする必要が生じるため、工事期間中の過ごし方についても計画に盛り込んでおくと安心です。