日本は敷地が狭い事もあり庭付きの住宅が手に入れられるとなればつい広めに敷地面積を確保してしまいがちになりますが、無意味に広く敷地面積を確保すると持て余してし溝工事を失敗してしまいます。

そのため、たとえ広い敷地面積が手に入れられたとしても初期段階から具体的な利用方法を計画してから工事に着手すべきであり、特に長い目で見なければならないのが駐車場と駐輪場にスペースについてです。駐車場や駐輪場というのは家族の形態などにより使い方が変化する場所であるため、短期的な目線でしか計画できていない場合だと自動車を買い替えたり、子供が成長し自転車を使用するようになった時に手狭に感じられます。

また、外溝工事を行う場合にはコンセントの位置や水道の位置についても、室内空間と同様に抜かり無く十分に計画しましょう。