最低2~3社に見積もりを

外構工事を行うときは、専門的な知識と技術を所有している施工業者に依頼することが重要です。施工業者の選び方としては、まずは見積もりを請求して比較することから始めるのが一般的です。最低でも2~3社から請求することで、同じ作業内容でも違った費用の見積もりが出されますし、工事にかかる日程や段取りも知ることができます。同じ工事内容であっても費用が異なる理由は施工業者が自由に設定することができるからですが、見積もりを比較することで信頼できる業者かどうかを確認することが可能です。また見積もりを請求した後に、丁寧な説明が受けられるかも判断する基準になるので、気になることや不安なことは直接質問をすることをおすすめします。

施工業者の実績をチェック

外構工事の施工業者を選ぶときは、実績をよく確認しておきましょう。どのような工事を得意としているのか、年間にどのくらいの施工件数があるのか、などを調べておきます。当然ながら施工件数が多いほど実績が豊富で、技術も優れていると考えてよいでしょう。外構工事は高額な施工になりますので、納得できる業者に依頼したいものです。

費用対効果を調べておく必要もあり、コスパはよく比較してください。料金は安ければいいものではなく、安さに対して品質がよいことが条件です。多少料金が高くなっても、それ以上の品質と耐久性を実現できるなら高くはありません。あとは施工業者のスタッフの対応をチェックすることが重要です。初期の対応力を見れば、どのような会社なのか大まかにわかります。