外構工事をするときは、建物自体は完成しているケースも少なくありません。すでに人が住んでいることも多く、その場合は生活に支障を与えないように配慮することが重要になります。完成後だけでなく、工事中に関しても極端に不便になるのは避けなければなりません。そこでポイントになるのは、全体の配置を具体的にイメージしてみることです。将来的に家族が増える可能性がある場合、それも含めて全員の動線を考慮してプランニングをしなければなりません。また、予算を明確に定めておくこともポイントです。その範囲内で建物との一体感を出すことを重視しつつ、工事の計画を立てていきます。予算が足りないならオープン外構を選択するような配慮も必要です。