植栽や外構のバランスを整えて計画することによって、住宅の品質が高まります。また外構工事も住居の間取りと同様で、エリア分けが大切です。住居の間取りを検討する段階で外構工事の計画を検討することが重要です。建物の外部としての動線や機能をイメージしておくことによって、心地良く使いやすい庭を実現させることが出来ます。

近隣や道路の環境やエリアをイメージして駐車スペースやアプローチ、芝生や花壇などを配置していくのがポイントです。安全や防犯、外観を演出するための屋外照明をイメージし配置していきます。玄関と門が対面している配置だと、玄関のドアが開いた場合に道路から家の中が奥までまる見えになってしまいますが、ずらして配置すると家の中が見えにくくなるのでプライバシーを確保することが可能です。