新築・リフォーム時の注意点

リフォームや修繕をするときと同様に、外構工事をする場合も計画を立てた上で実行に移さなければなりません。一般的には、まず最初に予算を決めて、そのあとに予算におさまる範囲で外構のデザインや要望を固めて業者選びにとりかかります。そして業者に見積もりを出してもらい、その内容に納得したら契約を行って工事をはじめてもらいます。ここまでの一連の工程は工事の成否を大きく左右するので、2~3ヶ月程度の期間をかけてじっくりとすすめていきましょう。

また、外構工事は家の工事の中では後回しにされがちですが、家を新築する場合はそのときに一緒に外構工事をしてしまったほうが良い場合が多いです。これは完成後に工事を行うと仮定すると、造作や地中に埋められたものが邪魔をして理想通りに外構ができなくなってしまい、計画の変更を余儀なくされる可能性があるためです。