外構工事のオープンスタイルは、住宅敷地と道路を隔てる門扉やフェンスを設置するクローズドスタイルとは異なり、住宅敷地と道路の境界にフェンスや門扉などを設置せずに植栽やブロックなどを設置するだけなので見通しが良く開放感のある外構です。外構工事のオープンスタイルは、門扉やフェンスなどを設置しないのでクローズドスタイルに比べて工事費用が安いとともに維持費用も安く済むメリットに加え、駐車場やアプローチなどが広くデザインの幅が広くなるメリットもあります。また、オープンスタイルには風や光を遮る門扉やフェンスなどを設置しないので住宅の敷地が明るくなるとともに風通しが良いことから住宅の寿命が延びるメリットもあり、さらに外構のリフォームをする際にもトータル費用が安くリフォーム期間も短いメリットがあります。