一般的な外構工事では建物の周囲を壁やフェンスで囲み敷地の境界線をスタイリッシュに仕上げるケースが大多数でしたが、ここに来てオープンスタイルが人気となっています。

壁やフェンスをできるだけ使用せず、植栽やタイルなどを敷設するためコストダウンが図られ比較的に低価格で施工が実現できるほか、周囲が囲まれていることで生じる圧迫感が軽減されて開放感が得られるだけではなくスペースも有効活用できます。

壁やフェンスを設置した場合には将来的にリフォームを行いたい場合に大掛かりな撤去作業が必要になる場合もありますが、オープンスタイルであればシンプルな構造であることからその後のプランの変更が容易なのも大きなメリットです。