タイルや花壇でより素敵に

オープンスタイルの外構工事では住宅に面している道路との間に門扉や塀を使用しないため、開放的な印象が感じられる住環境に仕上げられます。
そこで、門扉や塀で境界を区切らないオープンスタイルでは石張りや芝生、タイルや花壇などを境界として採用する事例が多く、各家庭が持つテーマや独自性が強調させやすいという利点もあります。オープンスタイルの外構工事では高さがある塀や門扉を設置しないので、全体的に開放感が感じられやすくなる上に、室内に多くの光が入り込み明るい室内空間にさせられます。また、庭と道路までの間に遮る物が存在しないので圧迫感を感じずに過ごせますし、駐車スペースなど年月の経過と共に変化する自宅の使い方や過ごし方にも柔軟に対応しやすいです。