フェンス選びに失敗しないオススメのフェンスとその選び方

フェンスの目的をまず考える

フェンス(エクステリア)の選び方のおすすめのポイントは、目的をしっかりともって選ぶことが大切です。例えば人通りが多い通りに面していて、プライバシーを守るためにフェンス(エクステリア)が必要ならある程度の高さが必要ですし、目隠し機能があるデザインのものを選ぶのがポイントになります。敷地の境界線をはっきりさせるのが目的なら、メッシュタイプのように開放感があるデザインのものがおススメです。

防犯目的なら乗り越えるのが難しいちょっと高さがあって、先端が剣のようにとがっているものを選ぶというように、目的に合ったものを選んでいくことが大切です。デザインや素材などいろいろと種類があるので、目的に合うフェンス(エクステリア)を選んでいきましょう。

フェンスの素材と組み合わせ

家の敷地と外とを隔てるフェンス(エクステリア)には様々な素材と形があります。生け垣、レンガやコンクリートなどのハードウォール、ブロック塀、アルミの柵のような目隠しフェンス、そしてハードウォールとフェンスの組み合わせ、ブロック塀とフェンスの組み合わせといったことになります。

その中でおすすめとして挙げるならば生け垣です。金属やブロックなどのほうが壊れにくいのでフェンス(エクステリア)に向いているように思えるかもしれませんが、防犯効果ということを考えると生け垣に枝が多いもの、棘のあるものを植えておくことで入りにく状況を作ることができます。

それ以外のことを考えての選び方というと、設置するスペースが有るかどうかです。生け垣は土が必要ですし、木が育っていくのである程度の厚みが必要です。狭いところでフェンス(エクステリア)を設置するとなれば目隠しフェンスやハードウォールなどのほうが向いています。

2018-09-22T20:37:17+00:002018/08/10|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから