フェンス(エクステリア)には敷地の境目をはっきりとさせつつ住宅の雰囲気と防犯性を高めるといった役割がありますが、様々な種類が存在しているため正しい選び方をしなければ理想的な結果には結び付けられません。自宅前の道路の通行量が多く、敷地内や室内が道路から見えてしまわないようにしたいといった時は、目隠しになる作用があるフェンス(エクステリア)を選ぶのがおすすめです。一方、あまり人通りが多くなく侵入者を予防したいのなら通常のフェンス(エクステリア)よりも高く作られていて、先端が尖っているタイプにすればよじ登って侵入してくる事を防げます。

また、洗面所や浴室の付近は目隠しになるタイプを選び、リビングなどから見える所は比較的見通しが良いフェンス(エクステリア)を選ぶという選び方もおすすめです。