外構工事の計画段階のポイント

add148d4027597e525d5102d5bd9d456_s

工事前にライフスタイルを考える

外構工事は建物が建てられた後に施工されるものですが、その時点では関連設備すでに工事が完了しているなど、制約を受けているのが通例です。外構工事の計画段階では家族構成やライフスタイルのことを忘れてはなりません。もし将来において、家族が増える可能性があればそれに見合ったプランニングをしなければならないのです。

具体的には生活のイメージに合致した配置を考えて、概算予算を立てるところから始まります。外構工事によってその家全体のイメージが大きく変わりますので、その建物のデザインとの整合性も大事な観点になってくるのです。専門知識を有するプランナーとじっくり相談をしながら、緻密にプランニングを行う姿勢を忘れてはなりません。

エクステリアのイメージが大切

外構工事を成功させるためには、計画段階が最も重要となってきます。敷地をどう使いたいのかあらかじめ配置を決め、イメージすることが大切です。庭には何を置いてどのような配置にするか、駐車場が必要な場合には何台分必要で、どれくらいの車の大きさなのかによっても変わってきます。現状所有している車でのイメージも大切ですが、今後大きな車を買う予定があるのならそれも踏まえて考えていく必要があります。

また、隣近所との間隔や立地も考えて配置を決める必要もあります。雨などによって敷地内に水が溜まらないように高低差を付けるために、なだらかな傾斜を付ける必要もあります。外構工事を成功させるには、回りの構成と自分のイメージをしっかりと決めることが大切です。

2018-08-26T15:17:58+00:002018/08/26|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから