外溝工事で失敗することがないように、いくつかの注意点をしっかり心得ておく必要があります。まず新築であれば、建物の計画段階から外溝工事の計画も同時進行で進めていきましょう。門やアプローチ、庭はその家の顔とも言えます。後から付け足すのではなく、大切な家の一部として計画を立てていくことが大切です。

デッドスペースを作らないことが重要

次に大切なのはゾーニングです。どの程度の割合を駐車場に割くか、玄関までのアプローチをどのようにするかなど、きちんと計算しないと後で駐車場が足りなかったとか、ドアが開きにくくなったなどの失敗につながりやすいです。さらに限られた土地ですから、無駄なデッドスペースを極力作らないように考えることも重要なポイントです。