新築物件の外構工事は、建物本体が完成してから取り掛かるのが一般的です。住宅本体は引き渡しなどが行われていることが多いため、住み始めた時のことを考えて計画を立てるのがポイントになります。

完成後のイメージを持つ

完成後のライフスタイルをイメージしながら、ガレージや門扉などの配置を考えなければいけません。外構工事を満足できるものに仕上げるためには、計画段階が最も大切なものになるので注意しましょう。現在の家族構成だけではなく、子供などが増えた時のことを考えて計画を立てるのがポイントです。今の生活スタイルを基本として、マイホームを建てる予算の中から大まかな配置などを考えていきます。建物本体のイメージを損なうことが少なくないので、専門的な知識のある人に相談をすることも大切なポイントです。