エクステリアの施工までの流れについて

2

お庭や駐車場などのエクステリアを業者に依頼する場合は、お店に出向いたり電話などで相談をすることから始まります。自分の希望するイメージをお店の担当者に伝え、カタログやサンプルなどを見ながら相談していくことが必要です。業者に相談する場合は、自宅の敷地図や配置図などがあると相談しやすくなるので用意しておくとよいでしょう。希望する製品などを施工した場合の見積もりなどを出すために、担当者が自宅まで来て現地調査を行います。現地調査は見積もりなどを出すために行われ、図面などでは分かりにくかった段差や立地状況などの確認をするのが大きな特徴です。追加の希望や変更などを取り入れながら見積もりが提案され、希望者が納得したら契約が取り交わされエクステリアが施工されていきます。エクステリアの施工工事は日数がかかるため、依頼する場合は自分の都合などを確かめてくことも必要です。

エクステリアの施工の流れは、まず問い合わせから始めます。具体的な要望は来店したうえで施工例写真やカタログなどのサンプルを見ながら行い、イメージや予算を決めていきます。担当プランナーが現地調査を実施後、3D図面に起こしてくれるため完成イメージを確認することが可能です。図面や完成予想図、見積書を見ながら打ち合わせを行い、最終的な契約を行います。都合の良い着工日を決めて、実際に工事が開始されます。工事が終了すると、担当者と立ち会いのもと、仕上がりの品質などの最終チェックが行われて問題がなければ引き渡し完了です。着工前から完成までの書類やメンテナンスが必要な商品についてのマニュアルを受け取ります。施術後もアフターケアのサポートがあるのが一般的です。

2018-05-14T17:51:35+00:002018/05/14|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから