外構のクローズド方式、オープン方式

建物の周囲の庭まわり、駐車スペースなどのことを外構と呼び、外構工事には様々な種類が存在します。クローズド方式は建物の周りを塀や柵、生け垣やフェンスなどで囲うことで、しっかりと囲まれた場所には足を踏み入れにくいという特徴から、防犯対策として優れていると考えられています。反対に、オープン方式は塀などで建物の周囲を囲まないため、開放的な印象を演出することができるのです。また、クローズド方式と比較すると、オープン方式の方が工事の費用を安く抑えることが可能となります。工事を始める前には、防犯効果を狙うのか、開放的な空間にするのか、どのような仕上がりを希望するのかをしっかり業者と確認し合うことが重要だといえます。