外構、エクステリアリフォームを依頼する際の3つのポイント


外構・エクステリアリフォームで失敗しないためには、3つのポイントを押さえて依頼することが大切です。依頼する前には、敷地の形状と方位などの基本的な部分に加え日照や風向きなど自然条件を把握して下さい。様々な条件を把握したら、具体的な外構・エクステリアリフォームのイメージを固めましょう。完成後のイメージを固めずに外構・エクステリアリフォームを依頼しても、施工業者に理想を具体的に伝えることができません。

依頼をする前には、見積もりをしてもらうこともポイントです。見積もりで必要な費用をしっかりと把握し、その上で施工後湯車と打ち合わせしながら細部を詰めていくと、理想的な外構・エクステリアリフォームができるでしょう。

具体的な3つのポイント

外構工事とエクステリアリフォームで失敗しないためには依頼段階から以下の3点に注意する必要があります。
1つめは依頼前に希望予算を明確に定めておくことです。完成イメージが湧いていなくても、良い会社を選んだり交渉を有利に進めるのに必要なので無理矢理にでも決めてください。本を読んだり知人に相談して決定するのがおすすめです。

2つめは複数の会社に見積を依頼することです。面倒くさがって1社にしか見積をしない人もいますが、相見積していることを伝えると値引きも期待できるので複数の会社に見積をするのがいいです。

3つめは自転車の駐輪場所を依頼前に決めておくことです。これを計算に入れずに工事を進めると、毎日入り組んだ場所から自転車を出し入れしなければならず不便な思いをします。それに自転車で自動車や家を傷つける結果を招いて後悔するかもしれません。施工会社は自動車に比べて自転車に配慮してくれないものです。

2018-12-09T17:49:55+00:002018/11/24|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから