外構、エクステリアリフォームの方法としては、近年流行しているDIYで行う方法もありますが、多くの場合は業者に依頼することがほとんどです。注意点については、仕上がりの後に様々なトラブルや失敗例などが報告されているため、本当に信頼のおける業者であるかどうかを見極めたうえで依頼することが大切です。トラブル例としては雨で滑りやすいアプローチになってしまったり段差が思ったよりもきつくなった、予算をオーバーしてしまった、予算がなく理想と離れた施工となったなどのケースが挙げられます。そのため予算や目的、生活スタイルについて事前にしっかりと確認しておく必要があります。またこれらの失敗が起こらないように、業者選びは慎重に行いましょう。

外構、エクステリアリフォームとは家の敷地に庭を作って植栽したり、駐車スペースを広げるといったように、手を加えて整えることをいいます。工務店や造園業者等、専門家に依頼する場合がほとんどです。依頼する際の注意点として、実際に作業を行う職人さんにと完成イメージをしっかりと共有しておくことが重要です。こんな風にしたいという言葉だけではイメージがずれてしまう可能性がありますので、写真や絵など具体的なものがある方が確実です。使用する材料や樹木についても、カタログ等の紙ベースだけではなく可能であれば実際に見て自分が希望しているイメージとずれていないか確かめておくのがいいでしょう。安くはない費用をかけて行うリフォームなので失敗しないように事前に準備をしましょう。