外構工事のオープンスタイルとは

05e9541a14b1470b77f06f30a5d21773_s
外構工事のオープンスタイルとは普通の外構工事で必要とするフェンス等を利用しない方法になります。外構工事のオープンスタイルにした場合は、扉の出入り口のみにアーチなどを設置することになるので、他の戸建てとは違う魅力を出すことが出来ます。しかし、外構工事のオープンスタイルの場合はフェンスなどがありませんので、外からも見えてしまい、プライベートな情報も見られやすくなる危険性がありますので注意が必要です。
もちろんデメリットだけではなく、外構工事のオープンスタイルにした場合は日当たりも良好になるので、洗濯物などもはやく乾くようになり、生活がしやすくなるというオープンスタイルならではのメリットを感じることも可能です。

従来の住宅の外構は高い塀で敷地の周囲を囲い道路に面した出入り口のみスペースを設けるというデザインが施されてきましたが、現代ではオープンスタイルの外構デザインが人気を集めています。オープンスタイルというのは、その名の通り従来のように高い塀を設けずに道路から住宅や敷地がはっきりと見えるようにする施工方法です。物理的に塀が存在しないので閉鎖的な雰囲気が払拭でき開放的に見せられますし、風通しと見通しが良いという実用性にも優れています。オープンスタイルはあらゆる住宅にメリットをもたらしますが、特に敷地があまり広くないという事例では構造物により敷地面積を圧迫する事が無いため、限られた土地を有効活用できますし費用が削減でき工期も短くさせられます。

2018-04-26T21:31:44+00:002018/04/26|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから