リフォーム増加の背景にはバブル?

いっときのバブル崩壊から景気は低迷を続け、近年になってようやく抜け出した感じのある経済の影響はリフォームにも及んでいます。築年数の比較的新しいマンションや一軒家をリノベーションして新築のようにするのが流行しているものの、以前とはすこし様子が異なっている部分があります。少子高齢化で人口も減り、部屋余りになりかけているため他との差別化が必要になってきているのです。そのため、内装インテリアはもちろんのことエクステリアにもきっちりとしたコンセプトをもち、統一感のある利便性と見た目を兼ね備えた住宅の需要が高まっています。エクステリア工事も非常に人気となっており、腕の良い業者は予約でいっぱいという状況もあるのです。