エクステリアデザイナーの役割

建築関係で欠かせない仕事の1つとして、エクステリアデザイナーが挙げられます。塀や門などのデザインやそこから玄関までのアプローチ、カーポートなどの建物の外装に関わるデザインを担当する仕事です。

お客さんや建物の設計施工者との打ち合わせを通して希望するイメージを理解し、ラフデザインに描き起こした後に、様々な素材を組み合わせたり既製品を使ったり、時にはハンドメイドをしたりして具体的な外装の形をまとめて行きます。エクステリアのリフォームなども気をっていることが多く、年々その需要が高まっている職業です。エクステリアデザイナーとして活躍するためには、国内外のエクステリアの流行を見抜く敏感な感性が求められます。