一般に外構工事には幾つかのスタイルがあると言われており、その中の一つにクローズスタイルと呼ばれるものがあります。
これはその名称からもよく理解できるように、建物の外周を囲んでしまうスタイルのことです。外周を全て囲ってしまうため、庭でゴルフの練習やバーベキューをしたいと思う場合でも人目を気にせずに行なうことができるというメリットがあります。クローズスタイルの外構工事で広く使用されているのは塀やフェンス、門扉などですが、あまり重々しい感じにならないように植栽を使って柔らかい雰囲気に仕上げることを好む人もいます。門や塀などで仕切らないオープンスタイルと比べて値段が高くはなりますが、プライバシーの確保や防犯対策にも良いという理由で、クローズスタイルの外構工事を希望する人も増えています。