舗装するメリット・デメリット

アスファルト舗装のメリットについて
1、素材が柔らかく、走行性が良い
2、静か
3、単価が安い
4、工期が短い
 
デメリットについて
1、耐久性が低く、度々補修する必要がある
2、真夏の昼間は熱を持ちやすく高温になる
工事は早くでき、安価ですが、耐久性が低いというのが難点です。
真夏は非常に熱く、柔らかくなるので、日中バイクなど道路に停めていると穴が開くということもあります。
道路が高温になるので、子どもは熱中症には気をつけないといけません。
 
コンクリート舗装のメリットについて
1、耐久性に優れ、補修頻度が低い
2、真夏の表面温度上昇が抑えられる
3、走行抵抗はアスファルト舗装に比べて低い
 
デメリットについて
1、単価が高い
2、継ぎ目を作る必要があり、走行時の不快感や走行音が大きい
3、強度が出るまで時間を置かなければならいので、工期がかかる
コンクリート舗装は、長期的に補修が必要ないということから、コストに関してはアスファルト舗装より安価です。特に家の駐車場などはコンクリート舗装が多いのが特徴です。
 
これからご自宅周辺の道路舗装を考えている方はぜひ、参考にしてみてください。
 
舗装するメリット・デメリット

2016-08-28T23:48:58+00:002016/08/28|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから