虫や蚊が寄りつかない庭の作り方

虫や蚊が寄りつかない庭の作り方
庭でバーベキューやパーティーをしたい!という方も多いかと思います。
そのため、メインガーデンを広くしたり、ウッドデッキを設けたりします。
自慢の庭で楽しい時を過ごすことができれば、思い出作りのできる庭となります。
しかし、夕方を過ぎると虫の動きが活性化するため、日が落ちる頃には明かりにつられて虫が集まってきます。
ご飯を食べているのにも関わらず、虫に気を取られていてはせっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。
このようなことを未然に防ぐためにも、虫や蚊が寄りつきにくい明かりにする必要があります。
実は、虫は明かりに集まっているのではなく、紫外線に群がっています。
つまり、紫外線を含まないライトにすることで、虫が集まりにくくなります。
紫外線を含まないライトとは、照明器具として多用されているLEDのことです。
LEDは紫外線を発しない上に、明るさも抜群なのです。
さらに省電力で寿命も長く、コンビニ・スーパー・飲食店などのほとんどの商店がLEDを採用しています。
LEDや紫外線を発しないライトを使用すれば、虫が群がることはほとんどありません。
庭でバーベキューやパーティーを楽しみたいという方は、紫外線を発しないライトを選ぶようにしましょう。

2016-05-07T00:02:20+00:002016/05/07|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから