外構に砂利を敷くメリット・デメリット

外構に砂利を敷くメリット・デメリット
庭や家の周りが土のままだとせっかくの素敵な家が寂しく見えてしまいますよね。
そんなときにオススメなのが砂利を敷くことです!
砂利を敷くことで外観ががらりと改善されます。
そこで今日は砂利敷きのメリット・デメリットをご紹介していきます。
 
 

メリット

・防犯性が高まる
防犯性を高める為に踏むと大きな音が鳴るものがあります。
不審者などが侵入した際に気付きやすくなるでしょう。
・雑草が生えない
砂利を敷くと石のおかげで雑草が生えづらくなる効果があります。
・工事費が少額
コンクリートやレンガなどとは違って工事費が安いです。
また、自分で行うことができるならさらに費用を抑えることができます。
 
 

デメリット

・落ち葉の掃除が大変
モミジやイチョウなどの落葉樹がある場合大量の落ち葉が発生します。
当然ながら砂利は1粒が小さいので普通のほうきなどで掃除をしようとすると一緒に砂利が混じってしまいます。
そんな時は、ブロワーという風で落ち葉を吹き飛ばす機械がありますのでそれを購入すれば簡単に落ち葉を掃除できます。
・砂利が減る・汚れる
時間の経過とともに砂利が減ったり汚れたりしてしまいます。
このような時は、防草シートを敷くことで防ぐことができます。

2016-04-12T00:17:06+00:002016/04/12|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから