外構工事の耐用年数は?

外構工事の耐用年数は?
外構工事の耐用年数は環境や工事の出来具合によって異なってきますが、きちんとした施工であれば長くて30年ほどの耐用年数が見込めます。
しかしこれは定期的なメンテナンスをしっかり行った場合です。
また、外構で使用される素材によってそれぞれ耐用年数は大きく異なります。
・アスファルト 10年
・ブロック塀 15年~20年
・金属製の外構 15年~20年
コンクリートやブロック塀の場合は15年、アスファルトなどであれば10年を目安にメンテナンスを行いましょう。
 

メンテナンスで寿命を延ばす

外構工事は丈夫な土台と素材だけでは成り立ちません。
適切なメンテナンスを行うことで建物や外構の耐久性を高めてくれるのです。
損傷が早い段階で補修を行えばその分、早く建物の耐久性を高めることができます。
 

ブロック塀の寿命は意外と早い

ブロック塀は、雨風の影響に強いため外構に多く用いられる素材のひとつです。
地震や外からの衝撃にも強い為、現在でも多くの家で外構用の素材として採用されています。
しかし内側の鉄筋には20年を目安としてサビができてしまいます。
外からは頑丈に見えたとしても耐久性は相当もろくなっているはずです。
築年数の長い建物は早めのメンテナンスや外構工事を心がけましょう。

2016-03-11T00:27:16+00:002016/03/11|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから