外構工事の前にご近所へあいさつを!

家の外構工事を始める際には、隣近所には一声掛けるのが礼儀となっています。
しかし、初めての外構工事の方などは、どの範囲でいつ挨拶をすればいいか分からない方も多いかと思います。
そこで、今日は外構工事前の挨拶の仕方・タイミングについてです!1
 
 

どこまで挨拶するべき?

一般的には[向かいの家3軒、両隣と裏の3軒]といわれています。
しかし、工事内容によってはかなりの騒音が出る場合やトラックが搬入のために何回も出入りするかもしれません。
そのため、少し自宅から離れているご近所でも一声かけておきましょう。
 
 

いつ挨拶をするべき?

最低でも工事がスタートする1週間前には挨拶を済ませておきましょう。
工事業者も一緒に挨拶をすれば、細かな作業内容についての説明を任すことができます。
 
 

手土産は必要?

3
 
 

挨拶のコツ

家主不在でなかなか話ができない状況の場合は、詳細事項が書かれたプリントをホストに投函するだけでなく、直接挨拶ができるまで何度か伺ってみましょう。
特に両隣や前後のお宅には多大な迷惑がかかることが想定されるため、時間を惜しまずに訪問することをオススメします。

2016-01-22T07:59:04+00:002016/01/22|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから