外構工事の打ち合わせ時に注意するポイントとは?

「自宅の庭をきれいに整える」
「門から玄関まで石畳を作る」
など、このような計画を立てていませんか?
外構工事は家の外観や使い勝手に直接影響を与えますので施工前に良く業者と打ち合わせを行い、妥協をしない施工をしてもらうことが大切です!
しかし、打ち合わせの際にどのようなことを打ち合わせしたらいいのかと思う方もいらっしゃると思います。
これから紹介するポイントをおさえておけば、外構工事の知識がなくても満足のできる施工をしてもらうことができます。
1
 
 

適正価格で施工してもらう

外構工事の打ち合わせ時に忘れてはならないのが予算に関する相談です。
なるべく安く良い施工をしてほしいと思うのは当然ですが外構工事は安ければその分人件費や建材費を削る必要があります。
確かな施工をしてほしいと思うのなら安すぎず高すない適正価格の業者を選びましょう。
 
 

トータルバランスを考える

外構工事は家の見た目に直結するため、庭の整備・駐車場の整備・玄関の整備など
見える場所の工事はトータルバランスを意識した施工をしましょう。
 
 

使用予定の建材を教えてもらう

デザインだけで建材を選ぶと耐久性が足りずヒビや破損が起きる可能性があります。
建材にはそれぞれ適材適所があります。打ち合わせの際に建材の特徴・耐久性について良く話し合いましょう。

2016-01-21T08:02:15+00:002016/01/21|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから