外構工事のトラブル

外構工事は家の印象や使い勝手を決める大切な工事です。
しかし、外構工事を失敗して住みにくい家になってしまったり近所トラブルが発生したということも少なくはありません。
 
では、なぜ外構工事で失敗やトラブルが起きてしまうのでしょうか?
 
 

デザインを優先してしまうと失敗しやすい

外構工事は家のデザインを決める重要な工事です。
こだわりがある方も多いと思いますが、デザインを最優先してしまうと見た目は良いけれど使いにくい家になりがちです。
家は何十年も住み続けるので10年、20年先の家族構成も考えておきましょう。
 
 

目隠しは必須

都市部では家と家との間隔がせまかったり、敷地のすぐ外が大通りということもあります。
その場合は、目隠しが必要です。
予算の関係で目隠しをつけなかったりすると落ち着かない家になってしまいます。
 
 

近所の方にはあいさつを

1
外構工事では敷地の外で作業をすることも多いです。
ですから工事をする際は改めてあいさつに伺いましょう。
あいさつを忘れてしまうとトラブルに発展しやすいので気をつけましょう。
また、業者と家の主人の二人であいさつに行くのが基本です。
食事や休日の時間はなるべく避け、あいさつと一緒に工事日を告げておくと良いでしょう。

2016-01-20T08:05:29+00:002016/01/20|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから