気をつけるポイント その1

外構工事をする際に気をつけるポイントとしてもっとも重要なことは、使い勝手を具体的にシミュレーションして考えるということです。住宅の中で生活をする動線を考えるのと同じように、敷地の入口に入ってから玄関までの動線がどうなるか、駐車スペースや駐輪スペースからはどうなっているのか、水栓から水を撒く場所へは適しているのかなど、様々なシミュレーションを行う必要があります。具体的なシミュレーションを行うことによって、使い勝手についての失敗を防ぐことにつながります。

また無駄に広い場所やデッドスペースを作らないことも大切です。本来確保するべきスペースを犠牲にしてまで広いスペースを取ってしまっては、住んだ後にストレスになることが考えられます。計画の段階で、スペース確保の優先順位をよく考えましょう