複雑なエクステリアの見積もり

image-0001-31
エクステリア工事は“トータルコスト”で考えることが大切です!
 
みなさんに気をつけてもらいたい点は、「最初にかかる費用が『総額』ではない」ということです。
よくあるケースは、住み始めてから不便を感じたりして追加工事や変更工事を行うということです。
最初にやっておけば5万円で済んだ費用も、後から行うと10万円かかってしまうこともあります。
非常にもったいない工事です。
まだ、費用をかければ解決する場合ならいいですけど、後からだとできない工事もあります。
 
それは、電気工事・水道工事です。
 
あとから玄関の周りが暗くライトを付け足したいと思っても、配線をつなぐことが出来ません。
壁を壊し作り直せば可能かもしれませんが、ライト一つに数十万もかけれませんよね。
 
つまり、最初にやっておくことがコストダウンに繋がるのです!!
エクステリア工事は、長い目で見てトータルでいくらかかるかを計算しておくのがいいでしょう。
後のことを考えず、見た目だけ安い見積もりは危険ですので気をつけましょう。
 
そんなエクステリアの見積もりですが、比較がカンタンにできるというメリットがあります!
エクステリアの見積もりは、住宅よりもはるかに分かりづらいですが、構造や工法の違いがないため比較が簡単なのです。
 
大手のハウスメーカーの見積もりと比較を行うと、5~10%の差がつくこともあります。 中には15~20%の差もあります。
 
お見積もり書をもらったらぜひ比較をしてみてください!!!

2015-09-11T20:47:11+00:002015/09/11|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから