街につまらないエクステリアが溢れている本当の理由とは?!

街をじっくり眺めてみると様々なエクステリアがあります。
例えば、「外壁に合わせたレンガの庭」、「コンクリートだけで構成された庭」、「樹木をたくさん植えた緑
溢れる庭」、「駐車スペースに自然石を敷き詰めた高級感のある庭」など多くのデザインがあります。
 
ですが、思わず眺めてしまうような庭は割合にして1%未満なのです。
さらに目を引くようなデザインとは
逆に、「車庫入れが大変そう」、「家のイメージとは対照的」、「玄関前の傾斜が急で危なそう」、「こんなに安っぽい物を使わなくても・・・」など
『なんでこんなエクステリアにしちゃったんだろう・・・?』という外構工事が多く目に付きます。
 
家を建てると多くの出費がかさみます。
ですが、最低限クリアしなければならないレベルというものがあります。
image
 
・人の出入り、車の駐車がちゃんとできる
・家の外観を損なわないデザインにする
・窓から部屋が見えてしまうなど生活に支障をきたさない
など抑えるべきポイントです。
 
なぜこのようなエクステリアが溢れているかというと、実はほとんどの外構工事は住宅会社(下請け工事会社)がやっているからなのです。
ですが、住宅会社が技術的に出来ない、手を抜いているというわけではありません。
住宅会社では外構工事を「早く・安く・簡単」に行っているのです。
 
当社では、そのようなことは一切ございません。
お客様の理想のエクステリアをお届けします。
また、完全に自社で施工いたしますので安心いただけます。
お気軽にご相談下さい。

2015-09-01T21:01:18+00:002015/09/01|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから