門扉・アプローチ・フェンスなどでエクステリアを楽しもう

住宅は建物本体だけでは見栄えのしないものです。

門扉・アプローチ・フェンスなどの外構工事が完成して初めて、見栄えが良くなるものです。

敷地の入り口から玄関周りにかけては、住宅の顔としての役割を持ちます。

門扉・アプローチ・フェンスのデザインは、周辺の環境により左右されます。

田園地帯に建つ住宅と、交通量の激しい街中に建つ住宅では、そのあり方が異なります。

門扉は設置の必要性を含めた検討が必要です。アプローチは長ければよいものではなく、短く納めた方が良い場合もあります。

フェンスは種類や高さなど、周辺の街並みに合わせたデザインが求められます。

外構は住宅本体と別なものではありません。

住宅が洋風であれば、外構も洋風にした方が似合います。住宅が和風であれば、門扉のデザインも和風であることが求められます。

住まいを良く見せるためには、一見無駄に見える空間が効果的な場合もあります。

道路に面した花壇やエントランスの空きスペースは、無駄に見えながらも住まいに潤いを与えてくれます。

4ca464ebbd9a442dd004555058fcf5f8_s

2016-11-26T09:10:04+00:002016/11/26|お知らせ・更新情報, ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから