外構工事を施工する前には、計画段階で何をどこに配置していくのかというゾーニングが大事なポイントです。道路や隣地などには敷地の境界線がありますので、配置できる範囲を確認して大まかなイメージとして庭やガレージ、門扉などの設置場所を決めていきます。
外構やエクステリアをどんなイメージで仕上げたいのかをある程度明確にしておくと、カラーやデザインを決定する時にもスムーズに進みます。細かな部分としては、まずガレージや駐車スペースは家の前の道路の状況を確認して、出し入れしやすい配置にしましょう。また庭は住宅の配置であったり、間取りなども考慮して広さや場所を決めていきます。そしてデザインや色の面では、家のデザインや周辺の景観なども考慮してイメージしていくのが良いかも知れません。