家を建てるときに不可欠なのが外構工事です。
敷地内の建物以外の部分は、すべて外構に含まれています。
外構工事の実態は下請体質が蔓延し、基本的に保守的な構造になっています。
昔とは異なり現在は大きな資本を持つ企業が力を持っているため、ゼネコン式のピラミッド型が主流です。
元請になるハウスメーカーは、下請に対して品質の向上やコスト削減を求めます。
下請の会社も外構施工のプロなので、ハウスメーカーの要求に真摯に対応してます。
元請会社には多くの職人が在籍し、専門的な仕事をします。
最近は経済的な理由からプランナーや現場監督、職人を社長が兼任しているような元請会社もあります。
コスト削減のためには人件費を削る必要があるため、苦労している会社も多いです。