一言で外構工事といっても、そのスタイルは様々です。大きく分けると二つのものがあり、一つがオープン、二つ目がクローズスタイルと呼ばれるものです。クローズスタイルとはどのようなものなのかというと、境界線を高い壁や生け垣、門などのような背の高いもので囲んだうえで、外部からの視線をシャットアウトするものを指しています。地方の田舎よりも都市部の住宅や邸宅などに多くみられるものであり、どっしりとした門構えで重厚な印象を与えることができるでしょう。
壁や生け垣などがあることで外からの視線が気にならなくなるので、ガーデニングを楽しみたい人や、庭で家族でバーベキューを楽しみたいという場合には非常にお勧めです。どちらかというと広い庭がある住宅にお勧めの外構と言えるでしょう。