地下埋設などの舗装工事

私達が毎日何気なく車で走行している道路は様々な技術が使われています。

まず、道路は耐久性が高くなくてはいけないです。

地下に空間などがあると耐久性は低くなるので、地下埋設を行います。

耐久性に問題が無ければ、次は道路を作っていきます。アスファルトを使用して、段差などができないように気を使いながら道路舗装工事を行います。

舗装には専用の機械、大型のトラック、大型のダンプなどが必要になります。

また、走行中の車に石などが飛ばないようにガードを作ります。

交通を制限して道路舗装工事を行う場合は、交通指導員を入り口と出口に配備して、交通に支障が出ないようにします。

道路舗装工事については、官公庁のOKが出ないと取り掛かることはできないです。

61e656da76980a8609ad7407b124a414_s

2017-09-07T18:33:05+00:002017/09/07|ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから