エクステリアで駐車場舗装

敷地の一角に駐車場を作りたい場合があります。道路巾や自家用車の縦・横・高さ寸法、道路面の反対側の状況と自宅の玄関位置などを確認して無理のない場所で決めます。

一般的には2.5メートル×5メートルから2.7メートル×5.5メートルぐらいの大きさで寸法を決めます。車が2台や3台止める場合は並列駐車と縦列駐車の場合があり、車も同じ大きさとは限りませんからある程度は融通を利かせて小さめのスペースのものを作っても良いと思われます。

コンクリートを打つ場合には道路に向かって水勾配をとり、コンクリートの厚さは12センチから15センチ厚ぐらいはとりたいものです。カーポートも設置する場合には根切りを行い位置とレベルを調整して仮止めしておきます。

あらかじめ採石や栗石を敷いて突き固め、バラスで隙間を埋めておきます。スペーサーを使って異形鉄筋か丸鋼の鉄筋径13ミリのものを約20センチピッチでかぶり厚だけ持ち上げて縦横方向に配筋しておきます。

それから生コンクリートを打ち、木製のコテで押さえます。あと乾燥してきたら金属製のコテで均し押さえを行います。

道路がアスファルト舗装の場合には補修を行うこともあります。

05b807ac328fe67479d61c6bcedc8ddb_s

2016-12-10T14:44:33+00:002016/12/10|お知らせ・更新情報, ブログ|
お電話はこちらから
メールはこちらから